会合 平成23年度

ビジネス表現力向上研修
〜プレゼンテーションや文章作成「話す」「傾く」のスキルを研き相手にわかりやすく伝える〜
−第2回研修会−

原氏(講師)
原氏(講師)

9/13に第2回研修会を開催いたしました。
まず、グループごとに自己紹介、チーム名を決めることからスタートです! 各グループ個性的なネーミングが並び、チーム色が全面的に表れたように感じられました。午前中はプレゼンテーションスキルを学ぶことを中心に午後からの本番に備えました。昼食後は、文章要約に関する論理的解釈から始まり、実践プレゼンテーション演習ということで各自発表の場が与えられ、スキルの習得に励みました。アンケートでも実際に発表することで気付きが多く得られたという声が非常に多かったことが印象的でした。 懇親会では、参加者の大多数に残っていただき、最後まで大いに盛り上がりました。


研修概要
開催日時 平成23年9月13日(火) 9:30〜18:00
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
講師 株式会社インソース 講師 原 由紀子 氏
参加人数 31名
プログラム
  1. プレゼンテーションの前に (1)プレゼンテーションとは
    (2)最低のプレゼンテーションにならない
    (3)「一般常識」と「業務知識」
  2. プレゼンテーションの基礎 (1)プレゼンテーションで重視すべきこと
    (2)事前準備(資料、調査 など)
    (3)人柄の準備
    (4)聞き手との共通項作り
    (5)先方に対する配慮
    (6)話すスピード・用語
    (7)プレゼンテーションの「クロージング」(最後)とは?
    (8)練習の重要性
    (9)プレゼンテーションでやってはいけないこと
  3. 文章を論理的に組み立てる 〜基礎知識 (1)ビジネスで使う文章の基本形
    (2)読み手を意識した文章の組み立て
    (3)論理的な構造とは? 〜ロジカルシンキングと文章の関係
  4. 論理的に文章を作成する際のポイント (1)一文は40〜50字程度の短文
    (2)主語と述語が明確、かつ一貫している
    (3)内容は具体的かつ正確である
    (4)分かりやすい言葉を使う
  5. 「話す」スキル (1)好感を与える表現の基本
    (2)姿勢・態度・表情
    (3)明瞭なあいさつ
    (4)声について
    (5)間のとり方
    (6)分かりやすい話をするための構成方法
    (7)最適な表現法の検討
    (8)板書する、指す、指名する
  6. ヒアリングスキルとは? (1)情報収集が産む、効率、生産性
    (2)積極的な「ヒアリング準備」
  7. 実践プレゼンテーション演習
    *「短時間で分かりやすく話す」ことを目的に、繰り返し演習しスキルを体得
    ■進め方 ①個人でA4用紙2〜4枚の資料を作成後、グループ内で1分間で説明
    ②聞き手からの評価を踏まえて、再度1分間で発表
    ③研修で身についたスキルを振り返る
    ■演習の効果 ①短時間で要点が整理できる力が身に付く
    ②強調・印象的な言葉の駆使・間のとり方により相手を引き付ける術が身に付く
  8. 自分のプレゼンテーションを強くする
研修風景
研修風景 研修風景 研修風景
本研修ご担当
(左)嵯峨山委員殿、(右)田仲リーダー殿
実践!各グループでプレゼンテーション演習
こちらも満員御礼。場所を移して懇親会
参加者の声/評価・満足度(アンケートより抜粋)
  • グループワークやプレゼンのデモンストレーションを通して、どういう点を自分は注意すべきか明確に把握できとても充実したものでした。
  • 何回も人前で話す機会があったので大変ためになる時間となりました。また資料を見る時間が少なく終わりまで新鮮な気持ちで望めました。ありがとうございました。
  • 年齢層が様々でとても勉強になりました。
  • 聞くだけでなく参加型の研修だったのでわかりやすかった。実際にプレゼンの練習をしてみて自分の悪いくせや聞きにくい点を指摘いただき勉強になった。
  • 実際にチャレンジしながらの進行で色々なことに気付かされる1日となりました。
  • 自分を見直す機会が出来てよかった。

満足度グラフ
満足度
大変満足 9人
満足 18人
どちらともいえない 2人

満足度 93.1%


参加者の声/評価・満足度(アンケートより抜粋)

今年度の研修会は、後2回となりました。12月開催、第3回研修会 募集開始いたしました。
研修会はすぐに満席となる場合がございますので、お申込みはお早めにお願いいたします。
pagetop