会合 平成23年度

管理者懇談会 第2回会合
目的
管理者懇談会では、情報化企画またその意思決定に係わる部門長以上の方々で、各社で抱える情報化の課題や、効率的なITの利用等について、意見交換を主体に、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。
写真:研修風景

初回の顔合わせから一月が経ちましたが再会です。
初回の情報交換のテーマは「人材育成」です。

開催日時 平成23年9月6日(火) 15:00〜17:30
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 16社17名

写真:研修風景写真:研修風景

貴重な資料に目を通すメンバーの皆様

写真:研修風景

参加者全員から下記項目を中心に自社における人材育成の取り組み、考え方、問題点や課題、悩みなどをご報告いたしました。配布されました資料はメンバー内だけの取り扱いと言うことで、ここではご披露できませんが、メンバー内では大変貴重な資料として参考になったのではないでしょうか。

  • システム部門の年代別、男女別の部員数
  • システム部門が担当する主な業務
  • 全社員として必須な教育コース
  • システム部門として必須な教育コース
  • 自社にはないが必要と思われる教育コース
  • システム部門として必要な資格と重要性
  • 昇格のルール、基準
  • ローテーションの有無
  • うつ病などのメンタルヘルス対策 など

図版:

と言うような感じで中身はご報告できませんが・・・・

更にはドキュメント管理について議論が広がりました。
ざっくばらんに下記のようなご意見が挙がりました。

写真:懇親会風景

  • 特に社内システムにはドキュメントがない。
  • そもそも必要なのか?
  • 知っている人に書かせるのは駄目で、知らない人に書かせるほうが役に立つ。
  • 自分のノウハウを取られたくない。仕事を取られるのがいや。
  • そんな考えの人からは仕事を取り上げるべき。
  • 無理やりにでもローテーションを行うことで、引継ぎ事項が生じ、ドキュメントが必要となるのでは。
  • 引継ぎを行うより、ソースを見たほうが早い。
  • プログラマーとアマグラマー。 Etc…

次回も「人材育成」をテーマに更に深堀りさせます。

終了後は、場所を変えて有志にて懇親会を行いました。
懇親会の席では、人材育成の続きも情報交換されましたが、その他色々なお話で大いに盛り上がりました。

pagetop