会合 平成23年度

節電対策情報交換会〜事業所でのピーク時における使用電力の削減に向けて〜
目的
深刻な電力不足が懸念される今年の夏に向けた措置として、事業所でのピーク時における使用電力25%削減目標に向けた対策が急務となっております。

そこで、事業所における節電対策に焦点をあて、同じ課題を持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法などについて意見交換会を行います。

日時 第1回会合 日時:2011年 6月 7日(火)13時30分〜17時00分
第2回会合 日時:2011年 8月23日(火)15時00分〜17時00分
場所 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 10社10名

実施内容
写真:研修風景

6/7開催の第1回会合は、NECから日本政府、電力会社、経団連などの動きとして経団連「電力対策自主行動計画」の策定状況や電気事業法第27条による使用制限の概要、そしてNECの節電対策と需要逼迫時の対応について解説がありました。そして参加メンバーの自己紹介続いて、東京電力からの電力の使用制限を受けているか、節電対策指示の浸透状況はどうか、会合参加にあたり期待したいことは何か等を主な議題として情報交換が行われました。

コストをかけない節電の工夫や通常運用を持続しながらの節電を実現させるポイントなど、節電対策に向けてこれから実施する方、実施中の方など、立場の違う方々にお集まりいただきましたが、Give&Takeを基本とした情報交換の中で、それぞれ気付きや提案事項を得ることができたのではないでしょうか。
また、After5の懇親会でもいろいろな話で盛り上りました。

8/23開催の第2回会合は、NECより設備面からみた節電のポイントの解説に続き、各社の取り組みの成果を中心に情報交換が行われました。その中で、関電(関西電力)からの節電要請への対応状況や職場での節電対策状況、特に効果のあった対策、効果のなかった対策、具体的な7月の対策の成果について等がテーマとしてあがり、成果については定量的成果(数値面での成果)や定性的成果(モラルの向上や意識の定着等)の広い観点から情報交換が行われました。

また会合終了後、メンバーから参加してみての感想として様々コメントをお寄せいただきました。
一部ご紹介いたします。

<参加して良かったと思った点>

  • 各社の具体的な取り組み事例、取り組みのレベル感が分かったこと。
  • 今後、冬季に向けた検討を行う際の企業を超えたつながりができたこと。
  • 色々な企業の節電対策の内容を生の声で聞けたのが、自社での検討でも参考になった。
  • 他社様の具体的な節電対策と今夏の節電目標達成の実績を知ることが出来ました。
  • 他社様の具体的な手法を生で聞けたことで取組みへのモチベーションを保つことができ、大変貴重です。
  • 各参加企業様での具体的な施策や考え方をお聞きできたことが良かったです。

会合への参加がメンバー同士、NEC支援者との関係など人脈形成にもつながり、それは今後も活用できるのではないでしょうか。
今後、節電対策に向けた情報交換会を進められる方々からご要望がありましたら、また情報交換会を立ち上げたいと思いますので、是非リクエスト願います。

pagetop