会合 平成22年度

管理者懇談会 第7回会合
目的
管理者懇談会では、情報化企画またその意思決定に係わる部門長以上の方々で、各社で抱える情報化の課題や、効率的なITの利用等について、意見交換を主体に、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。

開催日時 平成23年2月18日(金)〜19日(土) 14:00〜
会場 琵琶湖グランドホテル
登録メンバー 16社16名

議論された主な内容
写真:研修風景

最終会合は、メンバーの皆様からの強いご要望で宿泊会合となりました。
終電を気にすることなく情報交換が出来ました。

今回の議論のテーマはwindows7の導入についてです。

各メンバーから自社におけるwindows7の導入状況についてご発表いただきました。
ほとんどの企業が既に社内システム・既存のアプリケーションとの動作確認や検証作業を行い、導入の方向で検討していることが分かりました。
中には既に一部導入され進められている企業もありました。

その他、

  • ハード費用より保守費の方が高くなっている。
  • PCの保守契約はどうされているのか。
  • OpenOfficeの評価はされているか。
  • MS Officeのバージョンの扱い。
  • 海外におけるPCの購入方法。
  • ウイルスソフト対策。
  • PCの買い替え周期。
  • 文字コードについて

など多岐にわたり情報交換が行われました。

情報交換後は、食事をしながら・歌いながら夜通し、中身の濃い議論となりました。

写真:研修風景1 写真:研修風景2 写真:研修風景3
    嶋委員のもと和やかに終わりました。
1年間ありがとうございました。

メンバー同士内で交換した情報や資料などは、今後に役立つものになったのではないでしょうか?
give&takeの精神でご参加いただきましたメンバーに感謝する次第です。
来年度も新たにメンバー募集を行いますので、ご興味のある方は是非エントリーいただきたくお願いいたします。

参加者からのコメントです。
  • 前任者から管理者懇談会の状況は聞いておりましたが、初回から打ち解けた雰囲気でざっくばらんな話合いができたと思います。各社とも共通した課題や悩みを抱えており、共感しながら話合う事ができました。また。それぞれ工夫しながら、いろいろな取組みをされていることを知り、良い刺激となりました。少しでも自社の取組みに活かしていこうと思います。
    各課題に単一の正解はありませんが、それぞれが模索しながら最善を求めていく事が大切と再認識しました。
    また、アフターファイブの会合でもメンバーの人柄をしのばせる、奥の深い話を聞くことができ大いなる収穫がありました。ありがとうございました。
  • いくつかのテーマで各社の現状と今後の予定等を弊社の状況と照らし合わせて聞くことが出来き、また、参考になることも沢山あり非常に有意義な時間を過ごせて戴いたと感謝しています。
  • 入社以来、開発業務を担当してきました。今後は運用系の知識を向上させる必要がある、と自己紹介をしましたが、全くその通りであること、参加者の皆さんの知識レベルが私よりはるかに上であり、自身の知識の無さを痛感しました。
    様々な業種の方が集まっていましたが、各社同じような取り組みや悩みをもっていることがわかりました。
  • 基本的には、自社のITレベルや運用が、他社と比べてどのくらいの位置にあるのか、を知りたかったのですが、概ね目的を達することができました。
  • 取引先様を別として、同業種の方との交流はこれまでにもありましたが、本会のような異業種の方との交流は初めてでした。これまでの業界内での常識だけにとらわれず、一般の常識の観点で情報を収集することができました。
pagetop