関西NUAトップ > 会合 平成22年度 > 省エネを支えるICT活用の重要性と実際−第9回ITソリューションセミナー−
会合 平成22年度

省エネを支えるICT活用の重要性と実際
〜持続的コスト削減対策と競争力強化のために〜
第9回ITソリューションセミナー
日時 平成23年2月3日(木) 14:00〜17:00(受付開始13:30)
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成23年2月2日(水)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
内容
【講演1---14:00〜15:30】
『ICT活用が実現する持続的な省エネ対策』

第1部
テーマ 「企業を取り巻く環境・省エネの課題」
講師 NEC関西支社 マネージャー 深澤 英希 氏
我が国では、京都議定書の6%削減の約束を確実に達成するため、特に二酸化炭素の排出量の伸びが著しい業務部門、家庭部門の対策強化が急務となり省エネ法が改正されました。今後、「企業単位」での総合的なエネルギー管理体系が求められます。しかし、当然ながら省エネ=省コストであり、この変化を経営トップマネジメントによる、法に則ったコスト削減対策の全社徹底チャンスと見るべきです。
そこで今回は、新省エネ法を活用したコスト削減対策の考え方や取組みのヒントについてご紹介します。

第2部
テーマ 「ICTで実現する工場におけるエネルギー消費の“見える化”」
講師 NEC 交通公共ネットワーク事業部
ビルソリューション部 マネージャー 原 明洋 氏
省エネ推進のためには設備効率を監視し、無駄運転や能力低下を把握することが重要であり、省エネ法でも徹底した管理運用を求めています。また、法改正により企業単位の管理になった事から本社の管理工数が増え、ICT対策を検討する企業が増えています。さらに、省エネの維持・徹底のためには、従業員の意識改革が重要であり、昨今では省エネ効果のリアルタイム表示「見せる化」が効力を発揮しています。また、生産管理情報と省エネ効果を連携管理するなど多様なニーズが出てきています。ここではその課題対策としてICT活用のメリット、競争力強化に結びつくポイントについて事例を含めご紹介します。
【講演2---15:40〜16:40】
テーマ 『オフィス・工場・データセンターにおける省エネ対策事例』
*環境管理やエネルギー管理に携わる総務部門、工務部門、施設部門の方に最適の内容です。
講師 NECファシリティーズ 営業事業本部 シニアエキスパート 立石 和男 氏
益々厳しく企業に要求される省エネ対策は、決して競争力の低下を招くものではありません。省エネ対策の実施こそ、省コストの実現で経営を改善する良法でもあるのです。長年の事業の場の管理実績から構築されたNECファシリティーズの省エネ診断からソリューションまでの概要や、オフィス・工場・データセンターの省エネノウハウ事例のご紹介、更に弊社の配管保温材の新製品「エコクロスジャケット」をご紹介します。
【質疑応答---16:40〜17:00】
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop