会合 平成22年度

プレゼンテーションスキル研修
−第3回研修会−

今年度、第3回目の研修会は、昨年に引き続きプレゼンテーションスキルをテーマに研修を行いました。
講師は有限会社アートプロモーション 代表取締役、株式会社 日本経営協会総合研究所 講師の円城寺 美希 様です。
当日は29名の会員の皆様にご参加いただきました。
写真:プレゼンの様子 〜その1〜 写真:プレゼンの様子 〜その2〜 写真:立ち方のチェック
プレゼンの様子 〜その1〜 プレゼンの様子 〜その2〜 立ち方のチェック
研修は6つのグループ形式で行いました。自己紹介に引き続き、プレゼンテーションで・うまくいっている事・聞きたい事・困っている事を個人で考えてみました。続いて、グループでのディスカッションののちに、まとまった意見を、代表者が本日最初のプレゼンテーションにトライしました。
写真:アナウンサーも行う発音練習 写真:座学でスキルを習得 写真:研修会担当の竹田津リーダーも参加
アナウンサーも行う発音練習 座学でスキルを習得 研修会担当の竹田津リーダーも参加
その後、しばらく座学でプレゼンテーションスキルをじっくりと学びました。
・プレゼンテーションの前提・効果的な情報にするために・効果的なグラフの使い方・効果的な表現のために・効果的なコミュニケーションといったスキルを頭に詰め込みました。
写真:プレゼンを行った後、すぐにビデオでチェックしました 写真:プレゼンを行った後、すぐにビデオでチェックしました 写真:プレゼンは資料作成も重要です
プレゼンを行った後、すぐにビデオでチェックしました プレゼンは資料作成も重要です
身だしなみ、表情、視線、姿勢、ポジショニングといったVisual(見た目)が相手の印象の46%をしめる。
そのため、プレゼンテーションを行う発表者は、投影資料の向かってどちら側に立つのが良いのか?
(多くの方が、勘違いしておられました)ということや、男性、女性で理想の立ち方は違うといった新たな発見。歓迎されない3NGのプレゼンテーションなどプレゼンテーションスキルは非常にたくさんあります。

また、座学だけでは疲れます。続いて、選ばれた方が行ったプレゼンテーションをビデオカメラで撮影し、すぐに投影して、先生のフォロー&参加者全員で良かったところ、改善すべきところを考えます。プレゼンテーションのテーマは「禁煙」についてでした。投影後、誰よりもいろいろな事を気付かされたのは、発表した本人だったかもしれません。

研修も後半・・・参加者同士すっかり打ち解け、良い雰囲気になったところで、最後のプレゼンテーションエクササイズです。部門会議である人物を昇格させるべく推薦しなければならない為のプレゼンテーションです。個性の違う5名の中から1人選んで推薦します。グループでプレゼンテーションを行ったのちに、選ばれたグループ代表者が、参加者の皆さんの前でプレゼンテーションを行い、皆さんの評価を仰ぎます。
今回はなんと、同票で2名のチャンピオンが生まれました。

研修会終了後、懇親会を実施し、非常に良い雰囲気の中で参加者同士の懇親を深めていただき終了しました。
写真:懇親会の様子   写真:懇親会の様子
他社の皆様と情報交換を行える懇親の場があるのも研修会の魅力です

■アンケートからのコメント抜粋
  • プレゼンテーションの仕方について、科学的な観点からの解説もあり、分かりやすく、今後に生かしていければと思います。
  • 様々なスキルを紹介していただき、自分のプレゼンテーションに活用できそうなスキルの勉強になりました。
  • 数回プレゼンさせて頂き、アドバイスもご教授頂きましたので、勉強になりました。ありがとうございます。
研修概要
期 間 平成22年12月10日(金) 9:30〜18:00
場 所 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
参加者 21社29名
内容
  1. オリエンテーション〜研修の目的とねらい〜
  2. プレゼンテーションの定義
  3. コミュニケーションの5つのポイント、説得の3要素
  4. 印象度を上げる発声法
  5. 印象を与える話し方
  6. プレゼンテーションの極意・人を惹きつけるスピーチ法
  7. 職場実践へ向けて
  8. 情報交換(懇親)
pagetop