会合 平成22年度

管理者懇談会 第5回会合
目的
管理者懇談会では、情報化企画またその意思決定に係わる部門長以上の方々で、各社で抱える情報化の課題や、効率的なITの利用等について、意見交換を主体に、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。

今回の議論のテーマはIT全般統制です。
11,12月にIT統制の監査日の企業も多く、「今まさに・・・」という話題でした。
ちょうど今日この日が監査日でご欠席された方もいらっしゃいました。

開催日時 平成22年12月8日(水) 15:00〜19:00
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 16社16名

議論された主な内容
写真:研修風景
写真:研修風景
写真:研修風景

各メンバーから自社におけるIT全般統制の取り組みについてご発表いただきました。
大きくは、「監査対象となるシステムをできるだけ絞ることが大切」「できないことはやらない。対象外。」という2点に尽きる。ということで、共通認識を持ったのではないでしょうか。

議論された主な内容は下記の通りです。

  • 監査法人によって調査項目が違う・・・
  • 監査方法について(紙、メール、印影の文書等)
  • 監査対象となるシステムについて
  • 業務フローの作り方、チェック方法
  • ドキュメント管理
  • システム修正などの手順書等
  • ネットワーク接続を制限するツール
  • SAP/R3のメリット、デメリット
  • 約束事の周知徹底方法
  • OSライセンス問題
  • バックアップのリストア  などなど

毎回、恒例の懇親会も参加者全員が参加され盛り上がりました。
システムの話題を離れ、冬の味覚やお酒の話などプライベートの情報交換に花が咲きました。
管理者懇談会も残すところ2回。

次回は、危機管理・事業継続計画について議論することになりました。

pagetop