会合 平成22年度

『グローバル展開に向けた情報交換会〜現地システムの運用・管理に関する課題解決に向けて〜』活動がスタート!
目的
昨今、企業を取り巻く状況が急激に変化しており、多くの日本企業が事業のグローバル化とともに海外進出を果たしております。スムーズで安全でかつ活発な事業展開を進めていく上で、情報システム部門にとってもプラットフォーム環境の共通化・標準化や整備、セキュリティ、ネットワーク、システム統合化など取組むべき多くの課題があるかと思います。
このような状況の中、グローバル展開に必須となる各々の要素について、同じ課題や悩みを持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法など意見交換会を行います。

情報交換会メンバーは7社7名。(担当委員含む)
初回の情報交換会は、各社課題や討議テーマについて議論が行われました。

日時 平成22年11月18日(木) 14:30〜19:30
場所 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 7社7名

実施内容
写真:研修風景

初回はメンバー同士の顔合わせもありますので、まずオリエンテーションと自己紹介があり、次にグローバルビジネスの最新動向についてNECから紹介がありました。続いて今後の進め方・テーマについて情報交換が行われました。

グローバル展開に向けてこれから検討する方、検討中の方、運用中の方など、立場の違う方々にお集まりいただきましたので、進め方が難しいところですが、Give&Takeを基本に有意義な情報交換会となることを期待します。

また、After5の懇親会でもいろいろな話で盛り上りました。

メンバー皆さんの「グローバル展開に向けた課題・問題点・議論したい内容」の一部です。
  • グローバルビジネスの基盤を支える部分の課題として、システムのあるべき姿、業務システムと実務のギャップをどうするか、お客様(利用者)に対する標準化をどう進めるか。
  • 会社全体の事業収益管理の課題として、グローバル体制をとっている企業では会計の連動やグローバル対応体制などにどのような仕組み・工夫を行っているのか。
  • 管理系の課題として、現業部門とのギャップをどのように解決するか。
  • 新会社設立時のサポート体制をどう考えれば良いのか。
pagetop