関西NUAトップ > 会合 平成22年度 > 企業におけるITマネジメントの取り組み−第8回ITソリューションセミナー−
会合 平成22年度

企業におけるITマネジメントの取り組み
〜IT部門組織力向上とSW生産革新に向けて〜
第8回ITソリューションセミナー
日時 平成22年11月16日(火) 14:00〜17:00(受付開始13:30)
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成22年11月15日(月)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
内容
【講演1---14:00〜15:10】
テーマ 『運用保守業務改善による情報システム部門組織力向上』
講師 アビームコンサルティング株式会社
アウトソーシング事業部 シニアマネージャー  庄司 浩一 氏
情報システムの運用保守業務は、情報システム部門の重要な業務でありながら、その価値が経営層や他部門から認められにくい状況になっています。また、経済の悪化から、経営層からコスト削減の強いプレッシャーを受けています。
それらの課題を克服し、運用保守業務を価値あるものに変えていくことが、結果的に情報システム部門全体の組織力向上につながります。その解決策の指針を提示します。

<講師略歴>
大手IT企業にて主に製造業のERP/CRM導入プロジェクトのプロジェクトマネージャーを経て、アビームコンサルティング株式会社に入社、現在に至る。社内の一部のITの運用保守の責任者として従事しながら、SAP運用保守サービスの提案や、情報システム部門の運用保守分析サービスの作成やサービスの提供を主業務とする。
【講演2---15:20〜16:30】
『ITを活用したSW開発マネジメント』

第1部
テーマ 「品質会計とその効果を引き出すソフトウェアファクトリ」
講師 NEC
ITソフトウェア事業本部
統括マネージャー (ソフトウェア生産革新部兼務)
上席ソフトウェアプロセス&品質プロフェッショナル 誉田 直美(ほんだ  なおみ) 氏
「品質会計」は、20年以上かけてNECが構築した独自のソフトウェア品質管理手法です。
今回は、品質会計の概要およびその適用効果をご紹介するとともに、品質会計を効果的に開発現場へ適用できるようIT化したソフトウェアファクトリについてご紹介します。
ソフトウェアファクトリは、品質会計を実施するための開発データ収集および品質分析・管理の機能を備えるだけでなく、ソフトウェア開発の共通基盤を提供し、プロジェクトメンバのアクセス管理、成果物の構成管理、各種開発ツールの自動実行などの機能を提供するものです。

第2部
テーマ 「TracLand〜Tracを使用した社内SaaSサービス活用事例紹介〜」
講師 NECシステムテクノロジー株式会社
プラットフォーム事業本部 プラットフォーム統括本部
ソフトウェアエンジニアリングセンター センター長 池田 潔 氏
「Trac」は、OSS(オープンソースソフトウェア)のひとつで、Wiki機能による情報共有や、ToDo管理/バグ管理などの機能があり、プロジェクトポータルとして利用できる便利なツールです。また、プロジェクト管理だけでなく、間接作業などでも幅広い用途に使えるツールです。
今回は、この「Trac」をベースとした社内向けSaaS型のツールサービスの事例をご紹介します。SaaSサービスとして提供することにより、利用者側ではシステム構築・運用の手間が不要であり、申請するだけですぐに利用することができます。
【質疑応答---16:30〜17:00】
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop