会合 平成22年度

「成長者へのみち」&「仕事術」とは!
−第2回ビジネスフォーラム−

本ビジネスフォーラムは、昨年と同様に年2回開催予定です。関西NUAの2大行事、総会、新春フォーラムに準ずる規模感で、技術情報や製品情報をとりまく環境や経営戦略など幅広いテーマで、特に管理者層や経営者層を対象に、多くの方にご参加いただけるよう開催してまいります。

第2回ビジネスフォーラムは、「成長者へのみち」&「仕事術」とは! をメインテーマに掲げ、2つの講演を行いました。

開催日時 平成22年10月29日(火) 14:00〜17:15
会場 NEC関西ビル B1Fホール
参加人数 140名

講演1
写真:中井 政嗣 氏
テーマ 『無印人間でも社長になれた〜成功者より成長者になれ〜』
講師 千房株式会社 代表取締役
中井 政嗣 氏
中井氏は中卒でしたが、40歳にして高等学校過程に挑戦し卒業されたそうです。
それは、ご子息が中卒でも構わないと言われた事に対して、親の背中を示して教育するためだったとか。企業経営においても、従業員に対して同様の姿勢で臨まれているそうです。

例として、かつての尋常小学校1年生〜3年生の道徳の教科書を取り上げられ、その内容が実践できれば立派な経営者になれるとおっしゃられています。

良い人材は大企業に取られてしまう、ならばこそ、従業員を育てる。
企業は人なり、教育は共育、会社も従業員も共に育つ。
現在では非行少年や受刑者の出所後の更生にも力を入れられています。

また、ご自分の辿られた道にも触れられ、兄のいいつけで働き始めた時から金銭出納帳を書き続けられたことが会社を興す際に金融機関の信用を獲得することに繋がったこと、目標を持って努力することが大事であり努力することが目標となっては成功に繋がらないこと、成功するには成功するまで止めないこと、等ビジネスに対する含蓄ある講演内容でした。
中井氏の熱い講演に参加された方々は元気をいただき、講演後はおそらく関西NUA会合では初めてと思われるスタンディングオベーションで満場総立ちの状態で終了いたしました。
講演2
写真:佐々木 常夫 氏
テーマ 『個人も会社も成長するワークライフバランス』
講師 株式会社 東レ経営研究所
特別顧問 佐々木 常夫 氏
前半は、ハンデのあるご子息と奥様を持たれた家庭状況で、どうやってそれを乗り越えられたかを中心に語られ、後半はそれを可能としたマネジメント方法について講演されました。

奥様が長期入院されていたので、三人のご子息の面倒を見るために、朝5時に起きて子供のお弁当を作り、晩御飯を作るために18時には仕事を終える必要がある状況下で、個人も会社も成長することが可能なタイムマネジメントの体系が確立されていったそうです。
その結果、佐々木氏は同期トップで取締役に就任されました。

経験から編み出され実践されたタイムマネジメント術は、参加された方々に説得力を持って受けとめられたでしょう。

講演内容が後からでも参考に出来るように、整理されたレジメを配布していただいたので、ご参加された方はご自分の仕事にすぐ役立てることができます。
自分の行動に落とし込まれない知識は役に立たない、とのお話もありました。

「会社の仕事は雑用の固まりであり、時間の管理は仕事を管理することである」
参加された方々の講演後の仕事ぶりは、間違いなく向上しているはずです。

高齢化社会に突入し介護人口が増加している今、ハンデを抱えている家庭は間違いなく増加しています。佐々木氏の講演は、ハンデを抱えている家庭を持たれている方への応援でもありました。
写真:中井社長講演 写真:佐々木顧問講演
中井社長講演 佐々木顧問講演

執筆 ビジネスフォーラム担当リーダー 奥田 氏

pagetop