関西NUAトップ > 会合 平成22年度 > ストレージ最新動向解説−第7回ITソリューションセミナー−
会合 平成22年度

ストレージ最新動向解説
〜仮想化によるストレージ統合とは〜
第7回ITソリューションセミナー
日時 平成22年10月14日(木) 14:00〜17:00(受付開始13:30)
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成22年10月13日(水)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
内容
【講演1---14:00〜14:50】
テーマ 『ストレージの基礎とこれから』
講師 NEC プラットフォーム販売本部 エキスパート 船木 洋 氏
企業活動におけるデータの重要性は年々増しています。データを保持するストレージもITシステムにおいて重要性を増していると言えます。増え続けるデータを保護し、ビジネスを止めないシステムの要となるストレージの導入は特別なものではなくなってきており、特に仮想化環境では必須となりつつあります。本セミナーにおいては、ストレージ導入時に必要となる基礎知識を解説するとともに、ストレージのこれからの方向性についてもご説明いたします。
【講演2---15:00〜15:50】
テーマ 『最新ストレージソリューションのご紹介』
講師 NEC プラットフォーム販売本部 エキスパート 船木 洋 氏
関西地区のストレージ販売促進を担当する講師が、今が旬のストレージソリューションをご紹介します。増え続けるデータ、高まる無停止運用のニーズ、コンプライアンスに関するリスク、これらをコスト削減しながらいかにクリアしていくのか。信頼性を確保しつつコストを削減するというテーマで、仮想化環境のバックアップソリューション、データ蓄積型アプリケーション向けソリューション、等々を詳しくご紹介いたします。
【講演3---16:00〜16:50】
テーマ 『クラウド環境、仮想化環境に最適なバックアップストレージのご紹介』
講師 NEC 第一ITソフトウェア事業部 エキスパート 宇高 淳也 氏
クラウド環境に最適なバックアップストレージには、(1)高信頼であることはもちろん、(2)スモールスタートから柔軟に拡張でき、(3)TCOに優れたストレージ選択が欠かせません。そこで、クラウド環境はもちろん仮想化環境のバックアップストレージとして最適な、重複除外機能を搭載したiStorage HSシリーズを活用した導入事例をご紹介します。HSシリーズは、煩雑なテープ運用に課題がありテープ装置の代替としてディスクバックアップを検討されているお客様にも、大変ご好評をいただいております。
【質疑応答---16:50〜17:00】
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop