会合 平成22年度

情報交換会『サーバ統合(仮想化)に向けた情報交換会』 第4回会合
目的
情報システム部門にとってセキュリティ、コストダウン、BC/DR、消費電力削減によるエコ、システム提供のスピード化、プラットフォーム環境の共通化・標準化や整備など取組むべき多くの課題があり、こられの課題に対して注目されているのが仮想化技術です。
このような状況の中、仮想化適用を検討され、同じ課題や悩みを持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法など意見交換会を行い、課題解決を図っていきます。また、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。
写真:研修風景
VMworld2010の視察報告をする一本木氏
開催日時 平成22年9月28日(火) 14:00〜17:00
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 7社8名

4回目の最終回は、下記2点について意見交換されました。

  • NECからVMworld2010視察報告
  • サーバ統合仮想化運用に関する課題や問題点

3ケ月で4回という短期間ではありましたが、突っ込んだ話もあり非常に内容の濃い情報交換会であったのではないでしょうか!

4回の内容で議論された主な内容は下記の通りです。
いろいろな課題・問題点がありますが、先行して進められているメンバーからの助言・アドバイスやNECからの説明で、問題解決につながったのではないでしょうか。

写真:研修風景
写真:研修風景

■コストに関する課題・問題点

  • 導入費用
  • ランニングコスト
  • ライセンス費用
  • 保守料、償却費、SI費等
  • DB費用
  • 省スペース、省エネ
  • コストに換算できない費用 などなど

■構築・運用に関する課題・問題点

  • 仮想サーバ構築の設定についてのスキル
  • CPUやメモリの使用率
  • 費用、機能、操作性
  • ラック型、ブレード型
  • SigmaSystemCenterの活用
  • バックアップ
  • 運用監視
  • 運用の主体
  • 物理サーバ/論理サーバの資源管理の煩雑さ
  • 特定アプリシステムの改修に伴うシステム・DB更新(データの洗い替え)時の他システムへの影響
  • 保守契約管理の煩雑さ
  • 障害時対応
  • プロジェクトマネジャーのスキルと信頼性

これをもちましてサーバ統合情報交換会は終了しましたが、メンバー同士、NEC支援者との関係など人脈形成にもつながり、今後も活用できるのではないでしょうか。

今後、サーバ統合を進められる方々からご要望がありましたら、また情報交換会を立ち上げたいと思いますので、是非リクエスト願います。

H22年下期は、グローバル・サービス情報交換会でメンバー募集中です。
今後、グローバル展開されます企業の方同士で意見交換を行いますので、是非ご参加ください。

pagetop