会合 平成21年度

「決算書の読み方・活かし方」基礎研修
〜習うより、慣れましょう〜
−第4回研修会−

写真:研修集会
写真:研修集会
写真:研修集会
写真:研修集会

本年度、最後の第4回目の研修会は、昨年、一昨年と非常に好評で、今年度も開催して欲しいとのリクエストを多数いただいていました「決算書の読み方・活かし方」の研修会を今年度も開催いたしました。内容は例年とほぼ同様で、基礎編ということで開催しました。また、当日はご都合が悪くご参加いただけなかった方からも、「次回は是非参加したい!」という声を多数いただきました。

68名と多くの方にご参加いただきました。
参加者の方の感想を一部ご紹介いたしますと、

「盛りだくさんの内容で満足しています。具体的に何%だと健全なのかまで教えていただき、勉強になりました。」
「易しい言葉で、想像しやすく、pointを繰り返し丁寧に教えて下さるので、頭にビジュアル的にも残った部分が多かったので良かった。」
「非常に有意義な研修会をありがとうございました。会社の業務検討会望む姿勢が変わりそうです。」
「なかなか勉強する機会がありませんでしたが、勉強になりました。」
「できれば2日位で、余裕をもって勉強したいと思いました。」
「内容が充実しており、説明も明瞭、丁寧で判り易かった。しかし、時間が足りなかったのが残念。先回も、高下先生のセミナーを受けて良かったので、今回も受けたが、やっぱりすばらしい。」
「キャッシュフローについては、理解不足。もう少し時間がほしい。」

ニーズにあった内容で、多くの参加者の方にご満足いただけたのではないかと思いますが、初心者の方には少しついていくのが大変だったようです。

賃借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書…など、基礎知識となるところを徹底的に理解できたので、早速、本日学んだ内容を自社の財務諸表と照らし合わせ、経営分析をしてみてはいかがでしょうか?自社は健全な体質で経営がなされているか……

研修概要
期 間 平成22年2月4日(木) 10:00〜18:30
場 所 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
講 師 高下 淳子 氏 (税理士・CFP・米国税理士)
参加者 68名
内容
  1. 決算書を読みこなすコツ
  2. 貸借対照表を読みこなすポイント
  3. 損益計算書を読みこなすポイント
  4. 株主資本等変動計算書と注記表の役割
  5. キャッシュフロー経営の基礎知識
  6. 損益分岐点分析の入門
  7. 生産性の高い会社であり続けるために
  8. 懇親会

今年度の研修会も4会合全て終了し、4会合で述べ189名の参加者をいただきました。来年度も皆様のご期待にこたえるべく内容で企画してまいりますので、引き続きご参加いただけますようお願い申し上げます。リクエスト等がありましたらご遠慮なく事務局までご連絡願います。

pagetop