会合 平成21年度

管理者懇談会 第6回会合
目的
管理者懇談会では、情報化企画またその意思決定に係わる部門長以上の方々で、各社で抱える情報化の課題や、効率的なITの利用等について、意見交換を主体に、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。
写真:研修風景

今回の情報交換のテーマは、「情報システム部門のあり方」です。

開催日時 平成22年1月15日(金) 15:00〜17:30
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 10社10名

まずは、各メンバーより、情報システム部門がどのような位置付けにあり、どのような役割をしているか、各社メンバーより発表しました。
メンバーは、親会社のシステム部門であったり、独立して分社化した情報システム子会社であったり、立場が違う中での意見交換でしたが、システム部門の熱き想いは一緒のようです。
その各社からの内容は主に下記の通りです。

  • 親会社と子会社で連携を図った戦略活動をしているか。
  • 守りではなく攻めの部門であることが必要。
  • 戦略をうつための費用は? 費用配分方法は?
  • システム子会社自身のシステム開発の仕方について
  • 工数管理・コスト管理・案件管理について
  • コスト vs 使い勝手
  • パッケージの選択方法、基準  etc

最終回となる次回についても、「情報システム部門のあり方」を中心に議論いたします。

場所を変えての有志による懇親会では、昼間話題にならないようなことで大変盛り上がりました。

pagetop