会合 平成21年度

第3回サーバ統合情報交換会
目的
情報システム部門にとってセキュリティ、コストダウン、BC/DR、消費電力削減によるエコ、システム提供のスピード化、プラットフォーム環境の共通化・標準化や整備など取組むべき多くの課題があり、こられの課題に対して注目されているのが仮想化技術です。
このような状況の中、仮想化適用を検討され、同じ課題や悩みを持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法など意見交換会を行い、課題解決を図っていきます。また、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に活動を行います。
写真:研修風景
開催日時 平成21年12月17日(木) 14:00〜17:30
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 7社7名

3回目の今回は、サーバ統合(仮想化)導入に踏み切るために何が不安か?
この不安さえなくなったら導入できるといった不安要素を各メンバーから出し合い情報交換を行いました。

まずは最初に、メンバーのI社様よりサーバ統合の取り組み事例をご紹介いただきました。
仮想化による、出来ること・抱える問題・メリット・デメリットなどを中心に詳しくご発表いただきました。
今後、導入を予定される企業にとって非常に参考となったのではないでしょうか。
活発な質疑応答のあと、メンバー同士で情報交換を行いました。
NECからもNECとしての考えをまとめ、適宜回答していきました。

この3回の活動の中で、皆様が抱えていた問題点・課題がだいぶ解消されたようです。

次回は最終回としてまとめて行く予定です。

pagetop