関西NUAトップ > 会合 平成21年度 > 企業活動に求められる情報セキュリティ対策とは−第6回ITソリューションセミナー−
会合 平成21年度

企業活動に求められる情報セキュリティ対策とは
〜効率的な事業活動の遂行のために〜
−第6回ITソリューションセミナー−
日時 平成21年10月22日(木) 13:30〜17:00(受付開始13:00)
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成21年10月21日(水)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
概要 情報セキュリティの確保は、組織体が有効かつ効率的に事業活動を遂行するための前提条件となり、また安全な社会生活を支える基盤条件となっています。そこで、企業活動における情報セキュリティ対策に焦点をあて、ログ管理の重要性、NECの施策推進の実際、メールセキュリティの重要ポイントについてご紹介します。
【講演1---13:30〜14:30】
テーマ 『企業のコンプライアンス強化のためのログ管理とは
〜効果的なログ管理とその先進事例〜』
講師 NECITプラットフォームソリューション事業部
エキスパート 宮野 浩 氏
第一システムソフトウェア事業部
マネージャー 森本 幸匡 氏
〔概要〕
近年企業に求められている内部統制において、システムの安全性の確保の観点からシステム管理者および一般ユーザのアクセス権の管理が求められており、証跡としてのログの管理(収集と分析)の重要性が高まっています。
本講演の前半では、実際のコンサル事例をもとに、ログ管理における要件定義の重要性とそのポイントを説明します。後半では、統合ログ管理製品とユーザ管理製品を使用した具体的なログ管理事例を中心に、いくつかの先進活用事例をご紹介します。
【講演2---14:45〜15:45】
テーマ 『NECにおける情報セキュリティ対策の実際』
講師 NEC経営システム本部セキュリティ技術センター
シニアマネージャー 谷川 哲司 氏
〔概要〕
NECでは、セキュリティ事故の撲滅のため、各種のセキュリティ施策を展開し効果を挙げています。今回は、その中でもシステム的なセキュリティ対策に焦点をあて、セキュリティ対策の考え方・運用の実際・課題等をご紹介いたします。また、近年企業でも脅威が増大しているボットへの対策、内部犯罪を抑制するための統合ログ解析、インシデント解析等、これからのセキュリティ対策に関しても、何からどう手をつけて行けばよいかをNECの施策推進者からご紹介いたします。
【講演3---16:00〜17:00】
テーマ 『メールが危ない! 〜誤送信や情報漏えい対策に向けて〜』
講師 NECソフト ITシステム事業部
エキスパート 関 徳男 氏
〔概要〕
なぜメールが危ないのか?なぜメールセキュリティが重要視されるか?を鑑み、リスク対策とセキュアなメール環境を実現するためのメールフィルタリングと暗号化の連携によるメールセキュリティの実現に向け、より実践的にご紹介します。
メール利用者に負担をかけずにメール盗聴対策や誤送信対策のセキュリティポリシーを浸透させる具体的手法をご理解頂けることと思います。また、J-SOXやeDiscoveryで提唱されるデータ保全性や監査証跡と必要データの提供等、メール運用環境のコンプライアンス確立のための方策にお役立てできる話題をご提供します。
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop