会合 平成21年度

ミーティングの成果を高めるファシリテーションスキル研修
〜組織の目標を達成するためのプロセス促進〜
-第2回研修会-

研修風景

今年度、第2回目の研修会はファシリテーションスキルをテーマに研修を行いました。
関西NUAでは、過去3年間継続的にファシリテーション研修を開催してきましたが、4年目となる今回はこれまで以上の参加者となりました。

グループに分かれてのスタートですが、まずは自己紹介。
場の雰囲気を良くします。

研修風景 研修風景
午前中は、ファシリテーションとは?を学び、その効果や活用方法について講義を中心に理解を深めました。
研修風景 研修風景
午後に入り、まずはファシリテーションにおける個々の基本スキル別に、ひとテーマずつグループ内でコミュニケーションを図ることによって、ファシリテータ役を実践し学びます。
各人がファシリテータ役になり、下記基本スキルを実践しました。
研修風景

−会議の設計
−場づくり
−コミュニケーション(傾聴、質問)
−モニタリング(観察)
−議論の整理と見える化、ビジュアル化
−合意形成

最後には、本日の総仕上げとして、ミニ会議を行い会議ファシリテーションを模擬体験します。
研修風景 研修風景 研修風景
研修中には参加者から下記のような質問も出ました。
  • ファシリテータと議長(進行役)の違い
  • ファシリテータは議論に加わらないのが基本だが、自分と反対意見になった場合の対処方法
  • 社内でみんながファシリテーションスキルをつける教育や啓発方法
  • 議論の把握と整理、収束方法
本日の内容は、職場に戻って明日から実践できる内容だったかと思います。
是非、本日の研修を生かして、ファシリテーター役にトライしてみて下さい。

■アンケートからのコメント抜粋
  • 会議の感情までコントロールし意見を引き出すことは、これまでになかったので非常に面白かった。
  • ファシリテーションを実体験できてイメージできた。社内で実施して行こうと思う。
  • ファシリテーションと言う単語を知っているだけでしたが、シミュレーションを含めた研修だったので、難しいことの体感や経験を積むことが出来ましたので満足しています。
  • ファシリテーターとしての役割は、会議の運営を円滑にするだけでなく、会議の目的達成には欠かすことが出来ないファクターが含まれていて、現場で実践したいと思いました。
  • ファシリテーションを理解できたとともに、当社の会議のあり方の問題点を考える契機となった。
  • グループワーク中心の研修で、身をもって勉強でき良かったと思います。
  • 業種、職種など全く違う立場でのファシリテーション研修は難しいと思ったのですが、各社共通するものばかりでとてもためになりました。
  • ファシリテーションと言うのは、どういうものか初めて知りました。会議はどこの会社でもあるので大きく広まっていけば良いと思いました。
研修風景 研修風景 研修風景
昼食時間もコミュニケーション
懇親会で異業種交流
岡林先生
研修概要
期 間 平成21年9月8日(火) 9:30〜18:00
場 所 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
参加者 35社48名
内容
  1. なぜ会議はすすまないのか
  2. ファシリテーションとは
  3. ファシリテーションの効果
  4. 会議のファシリテーションの進め方
  5. ファシリテーションのスキル
  6. やってみよう ファシリテーション
  7. 振り返りとまとめ
  8. 情報交換(懇親)
pagetop