関西NUAトップ > 会合 平成21年度 > ビジネスヒントは歴史にあり!−第1回ビジネスフォーラム−
会合 平成21年度

ビジネスヒントは歴史にあり!
−第1回ビジネスフォーラム−
日時 平成21年7月23日(木)14:00〜17:00
会場 NEC関西ビル38階 Aゾーン
申込締切 7月21日(火)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
概要
【講演1---14:00〜15:20】
テーマ 「未来へ続くNECの宇宙開発」
〜天と地を結ぶ人々の物語〜
講師 日本電気航空宇宙システム株式会社
宇宙・情報システム事業部 事業計画部
シニアエキスパート  小笠原 雅弘 氏
<概 要>
2005年秋、小さな探査機が、小さな天体に降り立った。その名は「はやぶさ」。ファルコンの名前のとおり、何度も何度も天体への着陸を試み。遂にそれを成し遂げた。しかし満身創痍となった探査機と地球との通信が途絶。
この時NECのエンジニア達が立ち上がった。「−はやぶさ−を地球へ、天からの贈り物を携えて」長い、長いエンジアの格闘が始まった。それはまさに〜天と地を結ぶ〜技術の戦いの始まりだった。
「はやぶさ」開発から、打ち上げ、そして通信途絶からの復旧、地球への帰還(2010年6月が予定される)幾度もの困難に立ち向かったNECのエンジニア達の記録。
【講演2---15:30〜17:00】
写真:火坂 雅志 氏
テーマ 「戦国武将の戦略と生きざま」
〜上杉家に伝わる義と愛〜
講師 歴史小説家
NHK大河ドラマ「天地人」原作者
火坂 雅志 氏
<講師紹介>
1956年 新潟県生まれ。平塚市在住。早稲田大学商学部卒。
1988年 「花月祕拳行」(講談社)で作家デビュー。新史料をもとに描く旺盛な作家活動には定評があり、時代小説界に新風を巻き起こしてきた。名参謀役に光をあてるなど、斬新な切り口で、重厚な作品を次々世に送り出している。
豊臣秀吉の侍医兼参謀として暗躍した全宗に着目した「全宗」(小学館)をはじめ、戦国の政商今井宗久に光を当てた「覇商の門」(祥伝社)徳川家康側近の金地院崇伝を描いた「黒衣の宰相」(幻冬舎)など、数々の意欲作を世に問うている。
写真:『天地人』
この他にも「壮心の夢」(徳間書店)、「黄金の華」(NHK 出版)、「虎の城」(祥伝社)、「沢彦」(小学館)など多数の作品がある。
『天地人』で中山義秀文学賞を受賞、2009 年NHK 大河ドラマ原作
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop