関西NUAトップ > 会合 平成20年度 > 「全社最適化と見える化への取組み」-第4回業務アプリケーション部会-
会合 平成20年度

「全社最適化と見える化への取組み」
〜ITを活用した見える化実践事例紹介〜
-第4回業務アプリケーション部会-
日時 平成21年2月25日(水) 14:00〜16:45
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成21年2月24日(火)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
概要
【講演1---14:00〜15:00】
テーマ 「NECトーキンのERP導入と見える化への取組み」
講師 NECトーキン 支配人  宮口 家治 氏
NECトーキンは、2002年4月に、NECの電子部品部門とトーキン(電子材料会社)が統合された会社です。トーキン時代に、コンピュータの2000年問題対応と海外生産のシステム構築のため、1995年からERPであるSAP社のR/3とBusinessOne を導入し、現在では、国内外約40サイトが、SAP R/3で稼働しています。
そしてグローバルに生産の状況や品質、受注、棚卸など、リアルタイムデータベースをもとに、見える化を図ってまいりました。
ERP導入の内容や見える化への取組みについて、生データを使ったデモを交えてご紹介いたします。
1.企業概要紹介 5.導入スケジュール
2.SAP社のR/3とは、BusinessOneとは 6.ERP導入のポイント
3.導入の目的 7.快適導入を目指して
4.導入内容 8.見える化のデモ
【講演2---15:15〜16:15】
テーマ 「経営情報可視化への取り組みとマネジメントダッシュボードの活用」
講師 NEC コンサルティング事業部 エキスパート 上條 圭 氏
景気が急激に悪化する中、多くの企業は新たな投資を凍結し資金の流出を止めることに懸命になっています。しかしいつまでも縮こまっていては新たな成長も期待できません。
次の一歩を踏み出す方向を見定めるためには、事業の状態を迅速に把握することが必要であり、そのための情報提供基盤の整備に今こそ着手すべきではないでしょうか。
 本セミナーでは、求められる経営管理情報についての視点やそれに必要な情報基盤について事例を交えてお話しいたします。
【質疑応答---16:15〜16:45】
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop