関西NUAトップ > 会合 平成20年度 > 「変化に強いシステム開発のために」-第3回ソフトウェア基盤部会-
会合 平成20年度

「変化に強いシステム開発のために
〜実践的モデリング手法のご紹介〜」
-第3回ソフトウェア基盤部会-
日時 平成20年12月19日(金)14:00 〜17:00
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成20年12月18日(木)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
概要
ビジネスに真に役立つソフトウェア開発実現に向けた要求の開発と、高品質・低コスト・短納期の実現に向けた効率のよいソフトウェア開発スタイルを身につける為のコンサルティングや教育の提供で活躍中の株式会社豆蔵(*)より講師をお迎えし、実戦的な「システム化企画/RFPフェーズ」における超上流モデリング手法についてご紹介いただきます。
(*)株式会社 豆蔵 URL http://www.mamezou.com/
【講演---14:00〜17:00】 途中休憩を含みます
テーマ 「現場で使える超上流モデリング手法
〜システム化企画/RFPフェーズの新潮流〜」
講師 株式会社 豆蔵
BS事業部 エンタープライズチーム   牛尾 剛 氏
<概要>
 情報システム部門にとって、システム化の企画〜発注を適切に行い、ベンダーをコントロールして無駄がなく「実際に効果が出る」システム化を行うことはますます重要度を増しています。
 その一方、それらの「超上流」を制御するためのありがたそうな手法が存在したとしても、難しすぎたり、現状のテクノロジーにマッチした方法でなければ現実的ではないでしょう。

 本講演ではシステム化企画〜RFPといった超上流のための手法である、要求開発のビジネスモデリング手法をベースにしてそれをシンプルにして、最新テクノロジーを用いた新しく、実戦的な「システム化企画/RFPフェーズ」でのモデリング手法をご紹介いたします。
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop