平成20年度海外視察研修(台湾)

関西NUA
TOPご挨拶スケジュール研修内容募集要項お申込みお問合せ

研修内容

◇研修テーマ
『急激な経済成長を支える台湾のIT産業の取組みを探る』
◇研修内容
訪問企業は受入れ先の諸事情により、変更させていただく場合がありますのでご了承をお願いいたします。

◆訪問企業1:南區農漁會電腦共用中心(南農)

南農電脳共同センターは、高雄を中心とする台湾南部の農協・漁業組合が共同で運営する金融ITセンターです。
NECのACOS PX7800が稼働しており、トータル129支店と接続されています。
今回は、南農電脳共同センターと、台湾南部の経済状況、農漁業の状況、NEC台湾の事業概況について意見交換を予定しています。


◆訪問企業2:新竹科学工業園区の明泰(アルファ・ネットワーク)

明泰は、ALPHA Networksという名称です。この会社は、有名ブランドのアウトソーシングパートナーです。D-LINKというネットワーク機器会社から独立した会社で、HUB・ルータ・無線LAN等に加え、昨年よりWiMAX関係機器も製造している会社です。世界中の会社、インテグレーター、通信業者、およびサービスプロバイダーをネットワークでつないでいます。
台湾で最先端の企業を訪問し、IT業界における台湾の位置づけ、ネットワーク専業メーカーとしての戦略等の意見交換を行います。


◆訪問企業3:NEC台湾

NEC台湾は設立当初、政府機関の大型システム(ACOSシステム)導入を中心に立ち上げ、その後金融関係では数多くの実績を上げております。
2000年以降は、SIビジネスの本格展開として、積極的なオープンシステムの事業拡大に取り組んでおりますが、7-11台湾(店舗数約4800店)や警察指紋システム、日系製造業向けORACLE EBS等、多くの業種に多様なソリューションの導入事例を有しております。また昨年度には台湾の国民年金システムも受注し、ミッションクリティカルなシステム構築にも取り組んでいます。


◆訪問企業4:南港ソフトウェアパーク/東捷資訊服務股有限公司(ITTS)

台北市の北東に位置する南港ソフトウェアパークを訪問し、台湾政府が力を入れているソフトウェアの取組状況を視察いたします。
また南港ソフトウェアパークに居を構える東元電機(http://www.teco.com.tw/)のIT関係会社である東捷資訊服務股有限公司を訪問し、台湾における製造業の状況、SAP事業の状況についてのヒヤリングを行なう予定にしております。


◆訪問企業5:NEC台湾 CS事業群(保守部門)

NEC台湾の保守部門であり、南港ソフトウェアパークに位置するCS事業群(Customer Support Division)を訪問し、台湾における保守事業を紹介いただきます。台湾全体をカバーする保守拠点を有しており、付加価値の高い、お客様に密着したサービスを展開しています。


◆見学先:夢時代(大型ショッピングモール)

統一超商グループが経営する高雄最大のショッピングモールである夢時代を見学いたします。夢時代は2007年5月に正式オープンしたばかりの超大型モールで、アジア最大級の規模を誇ります。地上8階、地下2階建て、3つのブロックに分かれたモール内には国内外の有名ブランド、ショップが800以上入店するほか、英国のマークス&スペンサー、阪急デパート、ホームファッションのニトリ、ペットプラスなど台湾初上陸テナントも続々登場。シネコンやテーマパークも併設。

写真:夢時代(大型ショッピングモール)

Copyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.