関西NUAトップ > 会合 平成20年度 > 「環境への取組みにITが出来ること」〜業務プロセスの変革を目指して〜
会合 平成20年度

「環境への取組みにITが出来ること」〜業務プロセスの変革を目指して〜
-第1回業務アプリケーション部会-
日時 平成20年7月16日(水) 14:00〜17:00
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 平成20年7月15日(火)
参加費 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
概要
【講演1---14:00〜15:30】
テーマ 『製品環境規制の動向とITによる業務プロセスの改革』
講師 NEC CSR推進本部 環境推進部
統括マネージャー  堀ノ内 力 氏
〔概要〕
世界的に高まりを見せている地球温暖化防止に向けた製品省エネ化のニーズ拡大や、REACH規則、RoHS指令に代表される製品含有化学物質に関する世界的な規制拡大など、近年企業には過大な負担が圧し掛かってきています。
また国内外において製品廃棄物に対する確実なコンプライアンス対応やトレーサビリティが求められるなど、これまでの業務プロセスに対し大きな変革が求められています。
そこで今回は、NECにおける世界的な環境規制や社会的ニーズに対する、ITを駆使したコンプライアンスの実現、業務プロセスの効率化、サプライチェーンとの連携強化などの活動事例を紹介いたします。
【講演2---15:45〜16:30】
テーマ 『REACH対応 含有化学物質管理ソリューションのご紹介』
講師 NEC ニューソリューション開発本部
マネージャー  外井 康宏 氏(予定)
〔概要〕
昨今世界的に環境関連法規制強化が広がりを見せていますが、これら数ある環境規制の中でも、企業へのインパクトが特に大きいと言われるのが昨年6月に欧州で発効したREACH規則です。REACHへの対応では、国内の製造業であっても、部品、副資材、梱包材に至るまでの購入品の対象化学物質量を把握し、情報伝達することが求められます。従来のRoHS規制などの環境配慮設計に加え、生産、出荷に至るまで幅広い含有化学物質情報の管理が必要となるため、ITシステムの活用が必要不可欠と言えます。
本セミナーでは、NEC社内における環境活動ノウハウをもとに商品化した、お客様のREACH対応をご支援する含有化学物質管理ソリューションを具体的にご紹介いたします。
【質疑応答---16:30〜17:00】
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop