会合 平成19年度

「日本一の知恵工場!〜中小企業が生き残る知恵とは〜」-第2回例会-

年末のお忙しい中、46名の方々にご参加いただき例会が開催されました。

「日本一の知恵工場!〜中小企業が生き残る知恵とは〜」をメインテーマに掲げ、ものづくりに必要な生産革新、さらには会社経営の成功への鍵となる人材育成に関して2つの講演が行われました。

開催日時 平成19年12月19日(水)14:00〜17:00
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
参加者 46名

★講演1
写真:末田 広実 氏
テーマ 「NECの“ものづくり”革新への取り組み」
講師 NEC ものづくり革新企画部
グループマネージャー  末田 広実 氏
  • NECの生産の変遷と生産革新
  • 生産革新から「ものづくり強化」へ
生産工場の1事例として、NECの関連工場を中心に生産革新の変遷についてビジュアル的に見せていただき、NECの考え方についてもお話いただきました。NEC米沢工場でのRFIDを実装したPCの生産工程現場、またRFIDイノベーションセンターのご紹介など、生産現場でもある工場などをお持ちの企業には参考となったのではないでしょうか。
★講演2
写真:松岡 浩 氏
テーマ 「輝いて生きる」〜後ろ姿の教育を〜
講師 株式会社タニサケ 取締役会長  松岡 浩 氏
ユニークでバイタリティのある松岡氏の講演は時間を感じさせない楽しい講演でした。
講演中に飴を配ったり、小話を巧みに入れたりして見事でした。
小さな会社で高収入、高利益を生み出す秘訣は、社員の育成でありました。
会長自らが取り組むことで、社員もついてくるのです。
子供が親の背中を見て育つのと同じですね。
  写真
  写真
写真 写真
写真 写真

主なキーワードは下記の通りです。参加された方、思い出してくださいね。
  • 上司部下は同じ目線で会話する。
  • やらされる仕事ではなく、やる仕事を自分のためにする。
  • 人格の向上、品格のある人を作り上げていかなくてはならない。
  • 譲ることは大切。奪い合えば足りず、分かち合えば余る。
  • 明るく仕事をする。
  • 徳は自己犠牲に比例する。他者中心。
  • 5分早く会社に行ってよいことをする。
  • ありがとうの言葉を発する。
写真:坂 康夫 氏写真:坂 康夫 氏
次回の例会は今年度最後となります。
「感性を経営に生かす!」をメインテーマにくいだおれの柿木会長、NECの宇宙事業と楽しい組合せでご案内中です。奮ってご参加下さい。
pagetop