会合 平成19年度

「人材育成の仕組みと考え方」-第2回管理者懇談会オープンセミナー-
目的
管理者懇談会では、情報化企画またその意思決定に係わる部門長以上の方々で、各社で抱える情報化の課題や、 効率的なITの利用等について、意見交換を主体に、メンバー間の相互研鑚、業種を越えた人脈作りを目的に 活動を行います。

初回に続き、今回の管理者懇談会も、講演会と管理者懇談会の2部構成にて行われました。
今回の大きなテーマは「人材育成」です。
講演会には、メンバー以外の方々にもご案内させていただき、多くの参加者が集まりました。

開催日時 平成19年9月25日(火) 13:30〜19:00
会場 NEC関西ビル 38F ユーザー会サロン
登録メンバー 18社18名
講演会参加者 26名(講演会には登録メンバー以外の方々もご参加いただきました。)

第1部(講演会)
研修風景
山脇氏
講演1
テーマ 「人材育成の仕組みと考え方」
〜効果的な人材育成を進めるために〜
講師 NECラーニング株式会社 取締役 山脇英生氏
  • 人材育成の諸問題
  • 人材育成の取組み視点
  • 人材育成の考え方
  • 育成すべき能力
  • 人材育成の仕組み
  • 人材育成の評価
  • IT人材育成の関連トピックス

第2部(管理者懇談会メンバーのみ)
今回のテーマは「人材育成」。
まず、下記4社から各社の人材育成に関わる取り組みや考え方、問題点や課題、悩みなどをご披露いただき、その後、自由ざっくばらんに情報交換が行われました。
ウイズシステム 八尾氏
ウイズシステム
八尾氏
シヤルレ 高田氏
シヤルレ
高田氏
ダイワボウソフトウェア 中氏
ダイワボウソフトウェア
中氏
水上金属 水上氏
水上金属
水上氏

話題となった内容は下記をご参照下さい。
−ローテーションの必要性。
−システム部門に配属されて長年いると、業務知識が不足していく。
−ITスキルはベンダー任せで業務知識をあげていく。そのためにはシステム部門だけにとらわれていてはいけない。
懇談会風景 −新人には現場を見てもらう。
−昇進と昇給のリンク。
−360度評価。
−モデルとなる人材がいるか。
−特にシステム部門はコミュニケーション力が不足しているのではないか。
−オープン系に変わってきてから、ITスキルが落ちてきている傾向がある。
−経営戦略や事業計画は立てるが人材戦略はあまり聞かない。人員や体制などは計画させるが、人材像については、あまり触れられていない気がする。
−派遣社員と契約社員などと法律問題。
−女性の立場から見た意見。
−2WAYが人材育成という意味で生きているか。  などなど。。。

次回は、さらに「人材育成」をテーマに深く掘り下げていく予定です。

終了後は、場所を変えて有志にて懇親会を行いました。
pagetop