関西NUAトップ > 会合 平成18年度 > 「ソフトウェア基盤技術動向」-第4回ソフトウェア基盤部会-
会合 平成18年度

「ソフトウェア基盤技術動向」-第4回ソフトウェア基盤部会-
日時 平成19年3月20日(火)14:30〜16:45
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
参加費用 無料
*NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日領収書をお渡しいたします)
申込締切 平成19年3月19日(月)
概要

*講演概要、講師が確定しました!

【講演1---14:30〜15:30】
テーマ 「Windows Vistaビジネス利用でのメリットとNECの取組み」
〜新OSへの期待と課題〜
講師 日本電気株式会社 ビジネスPC事業部
マーケティンググループマネージャー    久代 智(くしろ さとし) 氏
1月末にリリースされたWindows Vista。その真価は如何ほどのものなのか?また、ビジネス利用にて享受できるメリットや留意ポイントは何なのか?
SIベンダーの視点から見た、この新OSに対しての期待と課題について、NECの評価取組みと最新の状況をご説明いたします。
【講演2---15:45〜16:45】
テーマ
「オープンシステム開発事例」
〜SI統合開発環境SystemDirector Enterpriseによる品質・生産性の向上〜
講師
日本電気株式会社
開発環境技術本部グループマネージャー 湯井 朋之(ゆい ともゆき) 氏
世の中にはシステム開発を効率化するさまざまな開発ツールがあります。しかしながら開発規模が大きくなればなるほど、ツールだけで品質・生産性を確保することは難しくなります。プロジェクトを成功に導くためには、開発手法、開発手順、成果物などを標準化することがとても重要です。NECでは、これまでのシステム開発の経験をを集約し、品質、生産性を最大化する開発ツール、開発標準を備えたシステム開発環境「System-Director Enterprise」を製品化しました。本講演では、SystemDirector Enterpriseの概要とともに、これまでの適用事例、適用効果をご紹介いたします。
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop