関西NUAトップ > 会合 平成18年度 > 特別例会「新たな危機時代を迎えて」
会合 平成18年度

特別例会「新たな危機時代を迎えて」
日時 平成18年10月13日(金) 14:15〜17:30  *受付 13:45〜
会場 NEC関西ビル 38F Aゾーン
申込締切 平成18年10月11日(水)
概要
【特別講演--14:15〜15:45】
テーマ
「新たな危機時代を迎えて」〜組織運営に必要な要件とリーダーシップ〜
講師
初代内閣安全保障室長 佐々淳行 氏
【略歴】
元内閣安全保障室長、東大法学部卒。警察、防衛、内閣を歴任。公務員としての在職期間中に、豊富な実践体験を重ね、当代日本の「危機管理」の第一人者。「危機管理」という用語のワードメーカーでもある。治安、防衛問題に関して国際的知名度も高く、知人友人が多い。日本を代表する知識人、行動する政策提言者としてテレビ・新聞等で活躍。
1954年(昭和29年)3月東大法学部卒業
1954年(昭和29年)4月国家地方警察本部(現警察庁)入庁
1954年〜1965年警視庁、警察大学校(助教授)、大分県警、埼玉県警、大阪府警、警察庁等に赴任
1965年(昭和40年)2月在香港日本国総領事館領事
1968年〜1975年警視庁・警察庁
1968年7月に帰国後、警察庁・警視庁の調査・外事・警備課長、監察官などを歴任
1975年(昭和50年)8月三重県警察本部長
1977年(昭和52年)2月警察庁刑事局参事官
1977年〜1986年防衛庁出向
防衛審議官、教育参事官、人事教育局長、官房長、防衛施設庁長官を歴任
1986年(昭和61年)内閣総理大臣官房・内閣安全保障室長
1989年(平成元年)昭和天皇大喪の礼を最後に退官

【主な著書(共著)】
「後藤田正晴と十二人の総理たち−もう鳴らない"ゴット・フォン"」(文藝春秋)
   他多数
【NEC講演--16:00〜17:30】
テーマ
「5年後のITを目指して」〜NGNと最新IT動向〜
講師
NEC 市場開発推進本部 シニアエキスパート兼エバンジェリスト
 林  雄代 氏
【講演概要】
政府(総務省)は、「e-Japan戦略」(2001年1月)において、国内のブロードバンド環境の整備を目指し、その後の「e-Japan戦略U」(2003年7月)では基盤整備から利活用へと発展させ、2010年にユビキタスネット社会を実現させるために「u-Japan構想」を掲げ、世界最先端のIT国家を維持し続けるための施策を検討しています。このようなユビキタス社会を支えるネットワーク技術(サービス)は、企業ネットワークを構築する上で選択の幅を広げ、ITとの融合によりワークスタイル変革も期待されています。 本講演では、NGNをはじめとした近未来に普及するネットワーク技術(サービス)として注目を集める、IPネットワーク、無線LAN、モバイル、センサーネットワーク、スカイプなどの最新動向や利用イメージを先端事例をまじえて紹介します。
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop