関西NUAトップ > 会合 平成18年度 > 第2回マネージャー研修会「ファシリテーション研修」
会合 平成18年度

第2回マネージャー研修会「ファシリテーション研修」
〜グループメンバーの力を最大限に引き出すグループコーチング〜

日時 平成18年9月27日(水) 9:30〜18:30
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
参加費用 1,000円/1名
* 消費税込の金額で昼食費に充当いたします。当日ご持参ください。(領収書を発行いたします。)
申込締切 平成18年9月20日(水)
定員 30名
*申込が30名を超えた場合は、一社一名を原則に、先着順でご参加いただきます。
ご参加いただけない方には事務局からご連絡申し上げます。
対象 新しくマネージャー(管理職)になられた方を含むマネージャー(管理職)以上の方を主な対象とします。
情報システム部門に限定しておりません。他部門の方もご参加下さい。
ねらい 「ファシリテーション」には「事を容易にすること・促進すること」という意味があります。一般には、会議などを「まとめる」「仕切る」「推進する」などとして使われていますが、対象が個人ではなく「グループ」であることは共通しています。つまり目の前に2人以上のメンバーがいて、何かのゴールを目指そうとしている。そのプロセスをいかに効率的にサポートしていくかが「ファシリテーション」であり、その担い手が「ファシリテーター」です。会議などで意見が対立したり、なかなか進展しないときに「ファシリテーション」の技術を使うことによって、進行がスムーズになるという場面が典型的なケースです。
今回ご紹介するファシリテーション研修は、「コーチングスキル」をグループ場面で活用することを基本にしています。言い方を変えれば「グループコーチング」ということです。コーチングが一対一の個別指導で相手のやる気・能力や主体性を引き出すならば、グループコーチングは、まさにグループやチームの力、多様性や主体性を引き出すコミュニケーションスキルです。。リーダー・管理職のかたがたが、ミーティングや打合せの場においてメンバー一人ひとりの自発的参加意識を高めるとともに、衆知を集め、意思決定を促進することを「ファシリテーション研修」では目指します。

ファシリテーションでの期待される成果
  • 最終的に望む結果や成果のイメージがメンバーで共有されるようになる
  • 目標達成に向かってやらなければならないことが明らかになる
  • 目標達成の実現可能性(どうすればできるようになるか)が見えてくる
  • 自主的に仕事をする社員が増え、迅速に行動するようになる
  • 組織やチーム、メンバーの一体感、連帯感が高まる
  • 会議やミーティングにおいて不要な議論が減り効率的なる
  • メンバーが他社の意見(経験や知恵)を積極的に活用するようになる
  • 違いを認め合い、多様な価値観を生かしていく組織風土が醸成される
概要
【研修内容--9:30〜18:30】
講師
株式会社 日本経営協会総合研究所 専任講師
産業カウンセラー、PHP認定ビジネスコーチ
 愛知 輝義 氏
  1. オリエンテーション
    • ファシリテーションの必要性
    • ファシリテーター型リーダーの時代
  2. ファシリテーションとは
    • 目的、目標共有の重要性を理解する
    • 話し合いの進め方
  3. 対人コミュニケーションスキル
    • コーチングとは
    • メンバーの意見を引き出す
    • 傾聴/質問
  4. 発言を整理する
    • 全体像をつかむ
    • 多様な視点から議論する
    • ファシリテーション・グラフィックス(討議を描く)
  5. 対立から合意へ
    • 対立解消には相互理解が前提
    • 合意の生み出し方と対立解消の基本
  6. まとめ
  7. 情報交換(懇親)
お問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
pagetop