関西NUAトップ > 会合 平成18年度 > 「価値あるITシステム開発を求めて」-第1回ソフトウェア基盤部会 part1-  
会合 平成18年度

「価値あるITシステム開発を求めて」
 -第1回ソフトウェア基盤部会 part1-

開催日時 平成18年6月8日(木)  14:00〜17:15 (終了時間にご注意下さい)
会場 NEC関西ビル 38階 ユーザー会サロン
申込締切 6月7日(水)
概要
テーマ
「PART-1 システム開発イノベーション 〜開発現場の新常識〜」

1.講演1(14:00〜15:30)
『マインドマップとUMLによるソフトウェアの「見える化」』 〜JUDEを使った要求分析の提案〜

講師
平鍋 健児 氏
◆株式会社チェンジビジョン 代表取締役社長
<略 歴>
オブジェクト倶楽部主宰、アジャイルプロセス協議会副会長、要求開発アライアンス理事。「リーンソフトウェア開発」、「アジャイルプロジェクトマネジメント」など、翻訳、著書多数。 コンサルタントとしてオブジェクト指向とアジャイル開発を研究、実践中。
個人とチーム、「見える化」をテーマに、「よいソフトウェア開発とは?」という疑問の解答を求めて、テクノ ロジーからプロセス、そして人間系へとソリューションを展開中。

概 要
システム開発の見える化を実現したい方へ、モデリングツールJUDEを使ってマインドマップで 顧客の要求を引き出し、UMLでモデリングする上流工程における新しい要求分析方法をご提案 します。

対 象
ソフトウェアの要求開発、分析、設計に興味のある方

2.講演2(15:45〜17:15)
『ゲリラモデリング』〜コードを使わず最速でオブジェクト指向がわかる方法〜

講師
牛尾 剛 氏
◆NECシステムテクノロジー株式会社 第一産業ソリューション事業部 主任
<略 歴>
バリバリの現場でオブジェクト指向技術を有効活用するための方法を追及しているコンサルタント兼システムエンジニア。アジャイル開発やコンポーネントベース開発などオブジェクト指向をベースとした開発を多数手掛けている。現場ではオブジェクト指向技術が使われているが技術者がほとんどオブジェクト指向を理解できていないため、オブジェクト技術が効果を発揮できていないことを残念に思っている。そこで、現場でオブジェクト指向技術者を最短で育成する方法を追求している。
著書「オブジェクト脳のつくり方」
「eXtreme Programming実践レポート」(共著)

概 要
Javaや.NETが主流になり、ほとんどの技術がオブジェクト指向技術の上に成り立っていますが、日本の開発現場ではあまりオブジェクト指向が理解されていません。それによってそれらの技術は本来持っている力を発揮できず、オブジェクト指向のリテラシーなしではとても理解が難しいものになってしまっています。   
本講演では、プログラムを作ることなく、最速でオブジェクト指向の基礎とオブジェクト指向の感覚、オブジェクト指向で作ると結局どうなるのかということまでも分かる手法をご紹介いたします。この手法を応用すると一般のオブジェクト指向プロジェクトで用いられるレベルの複雑なオブジェクト指向アーキテクチャの仕組みや動きまでも理解できる手法をご紹介いたします。
あまり普段システム開発を行っていない方でも安心して受講いただけます。

対 象
UML,C#,Java,SOAなどのオブジェクト指向をベースとしたテクノロジーを有効に活用したい方。オブジェクト指向がわかりたい方。オブジェクト指向を理解できる要員を出来るだけ早く立ち上げたい方。
問い合わせ先 関西NUA事務局
TEL:06-6945-3222  FAX:06-6945-3072
※参加加可否に関する連絡はしておりません。特に連絡のない場合は参加可能です。
pagetop