--会合案内--
管理者懇談会オープンセミナー
日時 平成17年9月13日(火)13:30〜15:00
会場 NEC関西ビル 38階 ユーザー会サロン
定員 100名(先着順とさせていただきます)
申込締切 平成17年9月9日(金)
内容
テーマ 「IT部門を人材育成部門に」
講師 小暮 仁 氏


小暮 仁 氏

ここでは,ベンダ企業ではなくユーザ企業を対象にする。
ユーザ企業でのIT部員は,ITSSの高レベルスキルを得るにはハンディがあるし,IT部門自体が安定していない。それで,ベンダ企業とは異なるキャリアパスを重視した育成が求められる。IT人材として,経営や業務の観点から提案できることが重視され,IT部門の戦略部門化・アウトソーシングがいわれている。しかし,それは見方によっては,経営者,企画部門,利用部門にITがわかる人材がいないからだ。そのような環境では,IT部門を戦略部門にしても,たいした効果は得られない。ここでのIT技術とは,単なる情報技術だけでなく,データの収集分析により問題発見ができること,複雑な問題にシステム的なアプローチができること,異なる価値観のステークホルダーの統合ができること,不確定要素の多いプロジェクトを運営できることなどを指す。
このような人材は,あらゆる分野で渇望される人材である。IT部門は,そのような人材を育成するのに適した部門である。IT部門は,人材育成部門になるべきである。そのような人材を育成するには,日常業務で問題意識を持たせること,利用部門とのローテーションを図り,転出者を(便利屋ではなく)ヒーローにすることが重要である。

【講師略歴】
1962年大協石油(現コスモ石油)入社,工事生産部門,経営企画部門も経験したが、大半を情報システム関連業務に従事。
その後コスモ石油情報子会社コスモコンピュータセンターに取締役教育部長として就任,1998年同社を常務取締役にて退職,東京経営短期大学経営情報学科教授に就任。2003年同学を退職し,現在フリー。
情報関連資格は技術士(情報工学),中小企業診断士,ITコーディネータ,システム監査,ISMS審査員補など。経営と情報の関係につき、経営側・提供側・利用側からタテマエとホンネの双方からの検討に興味を持ち,執筆・講演・大学非常勤講師などをしている。
著書は『教科書 情報と社会』(日科技連出版社),『儲かる情報化,会社をつぶす情報化』(リックテレコム)など多数。
講演内容や大学での授業テキストなどをhttp://www.kogures.com/にて公開している。
参加費 会員 無料
非会員 2,000円/1名


関西NUA事務局
電話 (06)6945−3222
FAX (06)6945−3072

TOPNUA WORLD

Copyright(c)NEC C&C Systems Users AssociationAll Right Reserved.