--会合案内--
企業価値・企業ブランドを醸成するCSR
-第1回例会-
日時 平成17年7月13日(水) 14:00〜17:00
会場 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
申込締切 7月11日(月)
内容 1 講演(14:00〜15:30)

テーマ 「ステークホルダーの満足度を高める企業の社会的責任(CSR)の果たし方」
講師 株式会社 創コンサルティング
代表取締役 海野 みづえ 氏


海野 みづえ氏

<概要>
CSR(企業の社会責任) を求める動きが世界で広がっており、日本企業もその対応に大きな関心が寄せられています。CSRは不祥事を起こさない体制づくりだけでなく、社会に向いた姿勢をとることで信頼を得ていくことにつながります。
本講演では、CSRの考え方を整理しどのようにCSRを経営に取り込んでいくかを紹介します。

1.CSRとは
・今なぜCSRなのか一背景
・CSRを巡る動き(国内、ISOなど)
・CSRの基本的な考え方
2.本業のなかでCSRを生かす
・ステークホルダーとのコミュニケーション
・マーケティングでの配慮
・地域を向いた事業展開
3. 広がるCSRの範囲
・サプライチェーンへの広がり
・CSR報告書
4. CSRマネジメントの展開
・CRSの基本のポイント
・構築のステップ

<略歴>
1983年千葉大学卒業後、85年同大学院修了後、ハイテク分野の市場および製品の調査会社をはじめ、会計事務所系の中央クーパース・アンド・ライブランド・コンサルティング、ドイツ系のローランド・ベルガーの経営コンサルティング会社において、コンサルタントとしてマーケティング戦略の支援、経営システムの構築支援を担当。1996年に同社を退職後、株式会社創コンサルティングを設立。
現在は日本企業にグローバル経営に視点を置き、環境・CSR(企業の社会的責任)分野についての経営のあり方について、総合的なコンサルティングを行っている。企業の価値観こそがCSRの根幹であり企業価値をたかめる、という基本姿勢のもとに、独自の分析眼でCSRマネジメント推進を展開中。
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 非常勤講師。法政大学大学院 環境マネジメント研究科 非常勤講師。環境プランニング学会 理事。CSRマネジメント推進フォーラム テクニカルアドバイザー。CEAR登録環境審査員(A127)。CSRガイドライン第3版改訂 報告プロセル・ワーキンググループメンバー。主な著者、「CSR企業価値どう高めるか」(共著)、「CSR経営」、(共著)「SRI 社会的責任投資入門」(共著)など。

2 講演(15:40〜17:00)

テーマ 「5年後のITを考える」
〜"u-Japan"を実現する技術の進化を探る〜
講師 NEC 市場開発推進本部 シニアエキスパート
NewITエバンジェリスト  林  雄 代 氏


<概要>
政府(総務省)は、「e-Japan戦略」(2001年1月)において国内のブロードバンド環境整備の目指し、その後の「e-Japan戦略U」(2003年7月)では基盤整備から利活用へと発展させ、2010年にユビキタスネット社会を実現させるために「e-Japan構想」を掲げ、世界最先端のIT国家を維持し続けるためにの施策を検討しています。このようなユビキタス社会を支えるネットワーク技術(サービス)は、企業ネットワークを構築する上で選択の幅を広げ、ITとの融合によりワークスタイル変革も期待されています。
本講演では、ネットワーク技術(サービス)として注目を集める、IPネットワーク、無線LAN、モバイル、センサーネットワーク、スカイプなどの最新動向や、利用イメージを紹介します。また、ビジネスを継続する上で必要不可欠な企業ネットワークを中心に、災害時のリスク管理の考え方、対策手法についても事例をまじえ紹介します。
参加費 会員 無料
非会員 2,000円/1名


関西NUA事務局
電話 (06)6945−3222
FAX (06)6945−3072

TOPNUA WORLD

Copyright(c)NEC C&C Systems Users AssociationAll Right Reserved.