--会合案内--

次世代の経営幹部・ビジネスリーダーの養成
〜経営における情報システム戦略の「基本」〜
− 第3回マネージャー研修会 ―
開催日時 平成18年3月9日(木)9:30〜18:30
場所 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
研修のねらい 情報システムの設計・開発に当たり、自社・該当部門のシステム設計ニーズを捉えることは無論、自社内外を取り巻く経営環境変化やIT技術の的確な把握は、業務効率化や他社に対する差別化にもつながります。こうしたスキルあるいは経営感覚は、組織をリードする管理者層には不可欠となる項目です。当研修では、「ケーススタディを交え、いかに顧客(自社や該当部門)に対して、システム(IT)戦略を経営戦略やマーケティング戦略と関連付けて理解し、業務につなげていくか」について基本理解と相互検討促進をねらいとします。
研修対象 新しくマネージャー(管理職)になられた方、あるいは将来、経営幹部を目指す中堅社員を主な対象とします。
情報システム部門に限定しておりません。他部門の方にもご推薦下さい。
申込締切 3月2日(木)
参加費用 1,000円/1名
※消費税込の金額で昼食費に充当いたします。当日ご持参ください。
(領収書を発行いたします。)
定 員 30名
※申込が30名を超えた場合は、一社一名を原則に、先着順でご参加いただきます。
〜ご参加いただけない方には事務局からご連絡申し上げます。〜
内容

【講演 9:30〜18:30】

テーマ 「MBA的ケーススタディを通して、戦略フレームワークとITの関連を理解する」
講師
(株)日本マンパワー マネジメントコンサルタント (株)日本マンパワー マネジメントコンサルタント
金高 誠司 氏

<略 歴>


大手情報システム会社にて情報システム構築の提案営業やコンサルティング経験を経た後、銀行系シンクタンクで業務改革コンサルティングを手がけ、2000年にコンサルティング会社((株)キートゥサ クセス)を設立。大手・中堅企業に対し業務改革の推進、情報システム戦略の立案、RFP(提案要求仕様書)の策定など、経営戦略と情報システムとを連携させたコンサルティングを数多く実施する。経営戦略立案から情報システム戦略立案まで幅広く支援している。
現在、(株)キートゥサクセス 代表取締役、および(株)日本マンパワー 中小企業診断士受験講座 統括主任講師
専門分野 コンサルティング(BPR,CRM,SCM)、情報システム計画、財務・計数管理


研修プログラム
【経営戦略フレームワークの確認】

(1)企業経営における経営戦略の重要性
(2)成長戦略のフレームワーク(SWOT分析、ドメイン策定、成長ベクトル、多角化戦略等)
(3)競争戦略のフレームワーク(ポーターの競争戦略、競争地位別戦略等)

【今日的マーケティング戦略の確認】

(1)ブランド戦略の重要性とフレームワーク
(2)CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の基本的な考え方
(3)インターネットマーケティングの最新動向

【情報システム戦略立案プロセスの確認】

(1)情報システム構想策定プロセス
(2)システムベンダーとの戦略的な関係構築のためのRFP(Request For Proposal)策定ポイント

【グループによるケーススタディ「中堅建設資材卸売業A社」】

(1)A社の経営課題抽出
(2)A社の情報システム課題抽出
(3)A社の戦略シート(課題整理マップ)の作成
(4)グループによる発表

【情報交換と懇親】

17:30〜18:30


関西NUA事務局
電話 (06)6945−3222
FAX (06)6945−3072
E-mail kansai@nua.jp.nec.com

TOPNUA WORLD

Copyright(c)NEC C&C Systems Users AssociationAll Right Reserved.