NUA WORLD 北陸NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

『ものづくり共創』セミナー in 富山
強いものづくりを支える“自律型後補充生産”としくみ

NECグループでは、自社のSCM改革のノウハウをもとに製造業の「ものづくり」を 革新・強化するビジネスを「NEC ものづくり共創プログラム」として開始しました。
本セミナーでは『ものづくり共創』の中核となる、NECの「顧客基点のものづくり」を 実現するSCM構築のノウハウをご紹介し、またそのSCM構築を支える、現場の改革に柔軟に追従する仕組みを事例を交えながらご紹介差し上げます。
日程

平成25年10月18日(金) 14:00〜16:30 (受付開始13:30)

会場 富山県総合情報センター 第一会議室
富山県富山市高田527 TEL:076-432-1116
定員 30名
※Web事前予約制
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
参加費 無料
申込締切 平成25年10月11日(金)
概要
ご挨拶 — 14:00〜14:10
ご挨拶 — NEC富山支店 支店長  峯田 光
講演1 — 14:10〜15:20
テーマ: NEC 15年の改革から見る「ものづくり」改革
講師: NEC 生産本部 
シニアエキスパート 松井 聡志

過去NECでは、市場変化に適応したSCMを構築出来ずに「多大な在庫」を抱え、危機的な状況を招きました。
顧客基点のSCM構築のため全社で、ものづくり、流れづくりの改革を進め「リードタイムの大幅短縮」と「棚卸半減」を実現して参りました。
この改革経験から、本講演では、SCM改革を実施する際の肝と、顧客からサプライヤまでの新たな流れを構築するための現場系改革、システム系改革、そして、マネージメント系改革の注意点を判り易く解説いたします。

講演2 — 15:30〜16:20
テーマ: 変化する生産現場におけるIT改革
講師: NEC 製造・装置業共通ソリューション開発本部 
シニアエキスパート  木村 浩人

生産現場では、日々刻々と改善活動が展開されております。改善スピードに合わせて、情報システムも迅速に変更することが求められています。この実現のため、ExcelとVisioでパラメータ設定することで、情報システムの構築が可能な“アジャイル生産現場ソリューション”についてご紹介します。

質疑応答 — 16:20〜16:30
※本セミナーの内容は予告無く変更となる場合がございます。
主催 NEC、北陸NUA、NEC加越会
問い合わせ先 NEC富山支店 セミナー事務局 担当:犬飼、野原
TEL:076-431-8461 ※土日祝日を除く 9:00〜17:00
FAX:076-431-8465

このページの先頭へ