会合 平成19年度

海外視察研修
開催日時 平成19年7月11日(水)〜15日(日)
行き先 台湾(台北、新竹)
参加者 13名

集合写真

経済部工業局にて
経済部工業局にて
<行程>
7月11日(水) 国内移動
名古屋着
7月12日(木) 中部国際空港発
台北国際空港着
経済部(日本の通産省に相当) 視察
7‐11台湾(統一超商) 視察
7月13日(金) 台湾のシリコンバレー新竹へ移動
新竹科学工業園区管理局 視察
新竹科学工業園区明泰会社 視察
新竹三信 視察&会食

台北へ移動
NEC台湾 視察
7月14日(土) 烏来 文化研修
台北101 視察
台北 市内視察
7月15日(日) 台北 市内視察
台北国際空港発
中部国際空港着


7‐11台湾にて
7‐11台湾にて

新竹科学工業園区明泰会社にて
新竹科学工業園区明泰会社にて

中山祈念堂にて
中山祈念堂にて

北陸NEC C&Cシステムユーザー会(通称:北陸NUA)では、4年前から通年事業として行ってまいりました海外視察研修(昨年秋は諸般の事情により中止)、今回は台湾に照準を合わせ、総勢13名参加のもとで実施しました。
台湾の面積は九州ほどしかありませんが、狭い国土の中で今何が起きているのか?特に最近急成長しているハイテク産業の最新事情や直近の経済事情、さらには歴史を背景にした文化の流れを知ることにより我々は何を感じ、何を実践しなければならないのかを掘り下げる意味での研修(プログラム)であります。
今回の台湾訪問により、当初の目的を十分達成することができた喜びと、まだまだこれからも成長をし続けると思われる台湾には定期訪問することの必要性を大いに感じました。
今回の視察先ではNEC台湾の久保田総経理、李副総経理をはじめ各視察先に通訳も含めガイド役としてご同行いただいた黄協理および関係者、さらには翌朝日本へのフライトのご予定があるにもかかわらず、台湾初日に我々のために夕食をご一緒頂きましたNECの川村特別顧問、NEC台湾の久保田総経理のご両名にも厚く感謝を申し上げたいと思います。
また、今回の研修が無事終了できましたのも、NEC関係者、北陸NUA事務局、旅行会社添乗員ならびに今回の参加メンバー全員のお陰であり、ここに謝意をもって巻頭の挨拶といたします。
団長 並川 雄二(廣貫堂産業株式会社)
*海外視察研修報告書より抜粋。海外視察研修報告書つきましては、事務局までご連絡をお願いいたします。
pagetop