NECソリューションフォーラム北海道2011

北海道NUA
TOPご挨拶プログラムプログラム詳細ソリューション展示お申込み

基調講演(13:00〜13:40)

XXX
「人と地球にやさしい情報社会へ。」
〜C&Cクラウドで、北海道の豊かな未来に貢献します〜
NEC 代表取締役執行役員社長 遠藤 信博
【講演概要】
NECグループは、「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」というビジョンを掲げております。
本講演では、「人と地球にやさしい情報社会」の実現に向けたNECの方向性に加えて、C&Cクラウド戦略に基づくさまざまなイノベーションで、北海道のお客さまの豊かな未来に貢献するNECグル−プの取り組みをご紹介します。

定員に達しましたので申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
 

特別講演(13:50〜14:50)

橋本 五郎 氏
「どうなる!日本の政治と経済」
読売新聞特別編集委員 橋本 五郎 氏
【講演概要】
長年に亘り国内外の政界の舞台裏を取材した経験から、政治・経済・社会、今起きているあらゆる事について、何故こんなことが起きるのか。
そして、その本当の原因は何なのか、どうすれば解決に向かうのかを詳しく解説。
政治記者として政治・経済を長年見てきた視点から、日本の政治・経済の実態と展望に鋭く迫る。

定員に達しましたので申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
 

セミナー

A-110:00〜10:50
NECの音声認識技術への取り組みと適用ソリューションのご紹介
NECソフトウェア北海道
ソリューション推進事業部 シニアテクニカルディレクター 寺西 博人
マーケティングエキスパート 中村 英則
日本における音声認識技術の研究開発は、1960年に京都大学様とNECの共同研究によりスタートしたのが最初です。以来NECはさまざまな分野で音声認識技術を利用した製品を提供しています。本セミナーでは、NECの音声認識ソリューションに対する最新の取り組み状況と、音声認識技術を適用した議事録作成支援ソリューションと耐騒音性能に優れた音声認識装置の2つの製品について実機によるデモを交えてご説明します。
A-211:10〜12:00
マルチベンダ認証印刷ソリューション
NEC ナショナルセキュリティソリューション事業部
マルチベンダ認証印刷ソリューションは、プリンタや複合機のベンダ・機種を問わないICカードによる認証印刷を実現し、紙媒体による情報漏えいを防止するとともに、ログ管理による内部統制強化を図る製品です。本セミナーでは、インシデント可視化ソリューションをご紹介します。
A-315:20〜16:10
医療機関におけるクラウド端末の活用について
北海道大学病院 医療情報企画部 副部長 遠藤 晃 氏
北海道大学病院様では、クラウド端末を活用した最新IT機器による新たな取り組みを開始しました。HIS(Hospital Information System)端末を操作しなくても手軽に患者情報や画像参照ができる仕組みづくりにより、院内での運用改善、業務改善につながった取り組みのご紹介や、今後の展望についてご紹介します。
B-110:00〜10:50
マイクロソフトの仮想化・クラウドサービスのご紹介
日本マイクロソフト株式会社
エリアパートナービジネス統括本部 エリアパートナーテクノロジー部 坂井 俊介 氏
マイクロソフトの仮想化・クラウドサービスを使えば、いつでもどこでもメール・チャット・TV会議ができ、情報共有ができるようになります。
本セミナーでは、仮想化・クラウドサービスを使った「変化に強いIT基盤」とは何か?をご紹介します。
B-211:10〜12:00
「安心」「安全」「快適」なクラウドシステムの実現を支援する解決策
NEC ITプラットフォームソリューション事業部
自社システムのクラウド化や、クラウド型大規模データセンター構築に重要な「安心・快適・柔軟なシステム」のために強化した、NECの最新プラットフォーム製品を今後の取り組みと併せてご紹介します。
B-315:20〜16:50
次世代WAN、スマートデバイス(iPad等)による企業ネットワークの革新
NEC 第一企業ネットワークソリューション事業部 技術主幹 松田 次博
小型・高性能・低価格化したネットワーク製品とキャリアの新型回線サービスを用いた次世代WANは、大幅なコスト削減と高速化を可能にします。本セミナーでは金融機関や製造業の最新事例をご紹介します。また、iPadやAndroid端末などのスマートデバイスは優れたユーザーインタフェースを生かし、サービス向上や業務効率化に役立ちます。デモを交え具体的にご紹介します。
C-110:00〜10:50
クラウド時代をリードするシトリックス仮想化製品とNEC VirtualPCCenterの連携ソリューション
シトリックス・システムズ・ジャパン システムズエンジニアリング本部 ソリューションSE部
リードシステムズエンジニア 山田 晃嗣 氏
硬直化した日本経済、ビジネスの国際化や広がる国際競争の激化、働き方の多様化、これら全てにITは遅れることなく追従し、時にはITの変革がこれらの変化をリードする事が必要な時代が到来しています。その為には、クラウドテクノロジーの採用が不可欠となっており、中でもデスクトップ・アプリケーションの仮想化は年々、その存在感を増しています。これらのテクノロジーを実現するシトリックスの製品を、NECのVirtualPCCenterとの連携ソリューションを含め、ご説明します。
C-211:10〜12:00
消防・救急デジタル無線の構築に向けた技術的課題
野地技術士事務所 野地 善孝 氏
平成28年5月に消防アナログ無線周波数の使用期限を迎えますが、既に一部の消防本部様に於いては平成22年度から整備を着手しています。
消防庁の実証実験等を踏まえ、デジタル無線の動向、デジタル無線導入に関する課題についてご説明します。
C-315:20〜16:10
社会保障・税に関わる番号制度及び国民ID制度の検討状況について
内閣官房 情報通信技術 (IT)担当室
内閣官房においては、社会保障・税に関わる番号制度及び国民ID制度における個人情報保護の仕組みを検討する個人情報保護ワーキンググループと、両制度で共通する基盤技術を検討するため情報連携基盤技術ワーキンググループが設置され、議論が行われているところです。このたび、事務局である内閣官房情報通信技術担当室様から、検討状況等を分かりやすくご講演いただきます。
D-110:00〜10:50
被害事例からひもとく企業を取り巻く最新のセキュリティ脅威〜今、求められる解決策〜
トレンドマイクロ株式会社 コアテク・スレットマーケティング課 内田 大介 氏
クラウド環境の急速な普及などIT環境が変化するなか、企業を取り巻くセキュリティ脅威も大きな変化を見せています。本セミナーでは、複数の企業におけるセキュリティ事件の被害事例から得られた脅威の現状と、それらに対抗するトレンドマイクロのソリューションをご紹介します。
D-211:10〜12:00
電子マネーを活用した地域通貨・ポイントの動向と地域経済活性化への活用について
NEC 流通・サービス・交通営業本部 マネージャー 奥山 祐一
国内のポイント発行額は1兆円規模となり、電子マネー決済額も1兆5千億円を越え、今や会員カードは身近なツールとして定着化しつつあります。その範囲は流通小売業から地方自治体に至るまで業種を問わず、また地域連携なども含め多様化しています。特に地域を活性化するツールとしての活用は様々な可能性を持っており、今回その動向ならびに地域ポイント、電子マネーのシステムサービスのメリット・課題・導入事例についてご紹介します。
D-315:20〜16:10
クラウド時代のサービス型ERPシステム導入のポイント
NEC 第三製造業ソリューション事業部 EXPLANNER部 マネージャー 石渡 通弘
IFRSへの対応などグループ企業全体での標準化、統合化、さらには運用管理の集約化など経営戦略の実現に向けた様々な対応が求められる中、サービス型ERPは企業の基幹システムの姿を大きく変えるソリューションです。
本セミナーでは、これからのグループ経営におけるSaaS型ERPのメリットを具体的にご説明します。
pagetop
Copyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.