北海道NUAトップ > 北海道NEC C&Cシステムユーザー会会則
北海道NEC C&Cシステムユーザー会会則

制定 昭和44年6月26日
改定 昭和54年5月24日
昭和63年5月13日
平成元年4月 7日
平成 2年4月13日
平成 5年4月 1日
平成 8年4月 1日
平成15年5月 9日
平成17年4月25日
第1章  総 則
第1条(名 称)
本会は、北海道NEC C&Cシステムユーザー会(以下本会という)と称する。
第2条(目 的)
本会は、NEC C&Cシステムの活用等に関して、その進歩改善をはかるため研究発表等を行い、 会員相互の利益と親睦協調をはかることを目的とする。
第3条(事 業)
本会は、前条の目的のため次の事業を行う。
1.研修会
2.講演会
3.懇談会
4.研究会
5.その他

第2章 会 員
第4条(会 員)
本会は、北海道地区の会員により構成する。
会員は、NEC C&Cシステムを使用し、またはその使用を予定した官公庁、学校、団体、会社等 で本会の趣旨に賛成し、加入の申し込みをしたものとする。

第3章 役 員
第5条(役 員)
本会には次の役員をおく。
1.委 員 長 1名
2.副委員長 2名以内
3.会計委員 1名
4.委員 若干名
5.会計監事 1名
第6条(役員の選出と任期)
1. 役員は会員より選出し、その任期は1年とする。但し重任は妨げない。
2. 役員が任期中退任した場合、後任者は役員の過半数の承認により選出できる。その任期は前任者の残任期間とする。
3. 委員長、副委員長及び会計委員、会計監事は役員の互選により選出する。
4. 委員長、副委員長及び会計委員、会計監事が任期中退任した場合、後任者は役員の互選により選出できる。その任期は前任者の残任期間とする。
第7条(役員の任務)
1.委員長は会務を総括し、本会を代表して業務を遂行する。
2.副委員長は委員長を補佐し、委員長不在の時はこれを代行する。
3.役員は役員会において、本会の運営に関する諸事項を協議決定する。
4.会計委員は本会の会計を行う。
5.会計監事は本会の会計監査を行う。
6.委員長、副委員長は、全NEC C&Cシステムユーザー会役員となる。

第4章 総 会
第8条(総 会)
1. 総会は本会の最高議決機関であり、会員で構成する。
2. 総会は年1回開催し、役員の選出、事業計画、事業報告、会計報告、会則の変更及びその他重要事項について審議決定する。
3. 総会の議長は委員長が行う。
4. 決議は出席会員の過半数の承認を必要とする。可否同数の場合は、議長がこれを決定する。

第5章 表 彰
第9条(表 彰)
本会の発展に功労のあったものに対しては表彰することができる。
表彰に関する細則は別に定める。

第6章 会 計
第10条(会 費)
1. 会員の会費は年額24,000円とする。
年度途中の入会は対象期間で年額を決定する。
会費は原則として、まとめて年1回納付する。
2. 必要な場合は、別途臨時会費を徴収することができる。
第11条(経 費)
本会の経費は、会費、その他の収入をもって充てる。
第12条(会計年度)
会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

第7章 事務局
第13条 (事務局)
本会の事務局は、NEC北海道支社におく。
第14条(事務局業務)
事務局業務は以下のとおりとする。
1.ユーザー会活動の企画立案に関するユーザー会委員の支援
2.ユーザー会活動の企画立案のための情報収集および整理ならびに対外折衝全般
3.ユーザー会会合の実施運営に関するユーザー会委員の支援
4.ユーザー会への入会促進業務
5.ユーザー会会員からの会費徴収業務および入出金管理業務
6.NECからNUAに対する支援金等の管理業務
7.ユーザー会会員に対するサービス向上のための施策の立案および実施
8.ユーザー会会員の会合参加情報と要望事項のNECの関係部門および子会社に対する情報伝達
9.ユーザー会会員への各種ソリューションサービス等の最新情報の提供
 ユーザー会会員への委員、幹事等の名簿の告知

第8章 附 則
第15条(施 行)
本会則は平成17年4月25日より実施する。
pagetop