北海道NEC C&Cシステムユーザー会
トレンドセミナー



   平成16年 11月 24日(水) 14:00〜15:30  札幌エルプラザ 10F 1001会議室

 毎年旬の話題や人物に焦点をあてたテーマ選定のもとで開催する「トレンドセミナー」。
今年度は、今話題の<北海道衛星>をテーマに、共に北海道衛星プロジェクトに取り組んでいらっしゃる 北海道工業大学助教授 佐鳥新氏とNPO法人宇宙空間産業研究会副理事長の福島充氏にご講演いただきました。                                   

<講師略歴>

★佐鳥 新(さとりしん)氏 略歴 

東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻にて博士課程取得後、宇宙科学研究所(現JAXA)の助手となる。大学院時代から宇宙科学研究所にて小惑星探査衛星「はやぶさ」に搭載されたイオンエンジンや次世代推進として期待される反物質推進に関する研究を行った。
当時の所長が道工大に赴任したこともあり、’98年10月から北海道に移る。’99年に有限会社先端技術研究所を設立しマイクロ波エンジンの開発に着手し’04年3月に完成させた。’03年4月から福島氏と共に北海道衛星プロジェクトを立ち上げ現在に至る。

★福島 充(ふくしまみつる)氏 略歴 

元々は大手メーカーのプラントエンジニア。
種子島宇宙センターにH−U型ロケットの液体酸素・液体水素の供給プラントを建設する際に宇宙営業に抜擢され、以来約20年に渡ってロケットや宇宙ステーションなど大型プロジェクトに従事した。
’03年4月から道工大の佐鳥助教授と共に北海道衛星プロジェクトを立ち上げ、現在に至る。

北海道衛星PJはこちらのURLで詳しく紹介されています。
→ http://www.hit.ac.jp/~satori/infor.html


佐鳥 新 氏

宇宙が身近に!

         ★・・・ アンケートより ・・・★
  ・衛星についてほとんど知識がなかったので興味深かった。
  ・全く初めての分野で面白かった。
  ・身近なところでスケールの大きなことをしているということを知り面白かった。
  ・もう少し産業や新技術の具体的な反映に関する構想についてきいてみたい。
  ・宇宙について遠く感じていましたが、案外身近にあるものと思えた。
  ・道産のプロジェクトでこのようなことが行われているのをはじめて知りました。
   普段は聞けない話を直接聞くことができ興味深かった。
   
   その他多くのご意見をいただきました。ありがとうございます。

〜 事務局より 〜
                
今回のトレンドセミナー、いかがでしたでか? 道民専用の小型衛星が宇宙を飛ぶ、、SFの世界のようなことがここ数年で実現するなんてなんだか不思議ですよね。2008年までには農業用に特化した1号機が打ち上げられる予定とのこと。主にお米の出来や収穫時期をウォッチするのだそうです。今からなんだかワクワクしますね。ご参加いただきました皆様からも「北海道経済の発展に貢献が期待される」というご意見を多数いただきました。佐鳥先生の活動にこれからも目が離せませんね★

←北海道衛星[大樹]の実物大模型。役目を終えたら「大気圏で藻屑」となる
        そうです。私は空から落ちてくるのかと思いましたが…     (き)



お問合せ先 北海道NEC C&Cシステムユーザー会事務局
   札幌市中央区大通西4丁目 新大通ビル
   TEL:(011)231−0162
   FAX:(011)231−0121
   E-MAIL: hokkaido@nua.jp.nec.com


▲ページのTOPへもどる

[北海道NUA トップページ] [北海道NUA 行事のページ]