北海道NEC C&Cシステムユーザー会
地区研究会
− 平成16年度 −
- 第1回 活動報告レポート -

活動内容


第1回   地区研究会 〜平成16年7月23日(金) 開催
◆ 地区研究会・RFIDセミナー ◆13:30〜15:00
  
 ※メンバー及び一般会員様向け

テーマ: 「RFIDとは?」

講 師:NEC 市場開発推進本部RFID事業推進センター マネージャー 川村正夫
・RFIDとは
・RFIDシステムの市場動向
・標準化団体の動向
・NECのRFIDソリューション
 ビデオによる事例紹介(JR貨物様、吉田ハム様)
〜アンケートより〜
・実例がありわかりやすかった。
・活用分野が多岐にわたり、新ビジネスとしての期待がふくらんだ。
・物品管理等の流を知る必要があるシステムでRFIDの活用が見込まれる。

◆ 第1回H16年度地区研究会 ◆15:15〜17:15

1.オリエンテーション 〜 自己紹介、研究会に向けての抱負など
2.RFIDについてのブレーンストーミング 
 (アイディア(一部))
・医薬品業界での活用法
・電子タグを壊すのは簡単なのか?
 →防犯装置を抜ける窃盗団がいる
・クリーニング業界
 ユニフォームに縫い付けて管理をしている    
・図書館での活用
 →タグが壊れやすい安いものだと耐久性がない
・モノにつけるばかりではない
 →電波ポスター 
 →公共施設の壁にチップを埋め込み
  リーダーを持って読み込む

・スポーツ選手の足(くつ)につけて記録を管理
・高速道路に埋め込んでは?
・書き換えのセキュリティについて
・棚札代わりに使ってはどうか 
 →カートと連動して位置情報がわかる
  商品説明ができる
・補充管理に使えないか

などなど   


 

最初は緊張しながら始まったブレーンストーミング。
今年も乾チェアマン大活躍?!

 

RFID事業推進センターの担当者へも鋭い質問が飛び交い、活気ある研究会となりました。

 

タグの形も多種多様。オレンジ色のものはスキー場などで活用されている腕に巻きつけるタイプ。

〜 事務局より 〜

「第1回地区研究会」にご参加いただきました皆さま、大変お疲れさまでした。
 
ブレーンストーミングでは色々なアイディアや疑問が出され、初めてとは思えない ほどは盛り上がっていましたね。メンバーの皆さまの「RFID」への関心の高さを感じました。(最後の方は『質問大会』のようになってしまいましたが…)キックオフも大いに盛り上がり、メンバー相互のコミュニケーションを深めていただきました。 
残念ながら欠席された方も、次回はぜひぜひご参加いただければと思います。
第2回研究会は 9月17日(金)を予定しております。

お問合せ先 北海道NEC C&Cシステムユーザー会事務局
   札幌市中央区大通西4丁目 新大通ビル
   TEL:(011)231−0162
   FAX:(011)231−0121
   E-MAIL: hokkaido@nua.jp.nec.com

▲ページのTOPへもどる▲    ▲研究会のTOPへもどる▲


[北海道NUA トップページ] [北海道NUA 行事のページ]