NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成29年度

〜知らない話でも慌てない、雑談の極意〜
雑談は実は難しくない!
誰とでも会話できる「雑談力研修」

日時 2018年3月16日(金) 9:00〜17:00 (開場 8:30〜)
会場 NEC北海道支社 7階 A会議室
対象 若手、中堅社員
定員 30名
※申込み多数の場合は、複数名お申込の会員様に人数の調整を依頼する場合がございます。予めご了承願います。
参加費 無料 ※準会員価格:20,000円 (後日請求)
申込締切 2018年3月2日(金)
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
概要
講師: 株式会社日本コンサルタントグループ
新名 史典(しんみょう ふみのり)氏

業務用・家庭用の洗浄剤消毒剤メーカーのサラヤ株式会社にて、営業、マーケティング、商品開発の仕事に約15年従事した後、平成23年10月に独立。
生態学、環境科学の分野で研究活動を行っていた大学・大学院から社会人時代を通じ、一貫してプレゼンテーションを重視し、そのノウハウ化、指導にあたる。

【期待される研修効果】

  • 自分が気の利いたことを言わなくては!という雑談のプレッシャーを取り除けます
  • 知っている話でも、知らない話でもどちらにも対応できる反応方法が身に付きます。
  • その後のビジネスの内容にどう影響するか?ということを理解できます。


内容 ポイント
アイスブレイク

  1. 雑談は相手への関心から
  • 雑談はその後の話を聞いてもらうための土台作り
  • 相手に関する興味を示そう!(ワークで体感します)
  • 相手に「教えてもらう」姿勢で会話は広がる
  • 会話を広げるために自己開示をうまく使う!(ワーク)


  • 雑談とは、自分の話をすることではなく、相手の話をすること、つまりは相手に対する関心を示すことを理解いただきます。
    それをワークで実感いただきます。架空名刺ワークというおもしろいワークも行います。
  1. コメントすることを意識しよう!
  • コメントする力は会話を盛り上げる触媒
  • お笑いに学ぶコメント力の鍛え方(グループワーク)
  • コメントが発揮する威力とは?
  • 基本は相手の話への反応なのですが、その応用がコメントです。そのコメントを学ぶ手段として、お笑いを活用します。
    一見、ビジネスに直結しないと思えるお笑いの要素の中にも大いに学べることがあるのです。
  1. 雑談が生み出すビジネスの効果
  • 雑談に応じない人も実は場を変えれば変わる
  • お客様も実は社外の人との会話を楽しみにしている
  • 雑談が共感を生み、その後の話を聴く体制を作る!

まとめとアウトプット
 (総合ワークとアウトプット)
  • 雑談は結論を求めるものではありません。しかし、その雑談がどうビジネスにつながるのか?を知っていると、切り上げるタイミングもわかります。
    プレゼンの要素も含め、雑談の効果を実感し、最後の総合演習につなげます。
問い合わせ先 北海道NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:011-231-3769  FAX:011-231-5254

このページの先頭へ