NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成29年度

ネットワークトラブル対応研修(中級)

社内におけるネットワークの利用において、「つながらない」「遅い」などはあらゆる場面で起こります。そこでそのようなトラブルがなぜ起こるのか、ほかにどんなトラブルが起こりうるのかを理解し、標準的なネットワークツールを使った原因究明の方法、および対処法を座学と実機操作で習得します。中級研修では、スクリプトによる定型作業の自動化を体験するほか、パケットキャプチャツールでキャプチャしたファイルの解析や、社内外をつなぐネットワークの障害の原因、不正アクセスの発見などを体験します。(*裏面のカリキュラム内容も必ずご確認ください。)
日時 2017年8月9日(水) 10:00〜17:00
会場 札幌市産業振興センター 技能訓練棟3F セミナールーム3
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
対象
  • 現在ネットワーク管理を担当していて、トラブルの対処はできるが原因究明ができずに悩んでいる方
  • ネットワーク管理者になって日が浅い方や、管理者のアシスタントをされている方
  • ユーザー部門で、業務の傍らネットワークのサポートをされている方
到達目標
  • 各種ネットワークコマンドとバッチ処理を理解できる
  • 基本的なネットワークのトラブルシューティングができる
  • ネットワークキャプチャーツール(Wireshark)の仕組み・使い方を理解する
  • TCP/IPパケット解析の仕組みを理解することができる
定員 最大24名
※申込多数の場合は参加人数をご相談させて頂く場合がございます。
参加費 無料  *準会員価格:30,000円
※本研修は参加無料ですが、<少人数の定員制>となっておりますのでできる限りキャンセルの無いようご配慮をお願いいたします。
申込締切 7月28日(金)
キャンセル待ちにつきましても締め切らせて頂きました。
多数のお申し込みを頂き有難うございました。
概要
カリキュラム
日程 内容
10:00〜10:10

施設案内、講師自己紹介

10:10〜10:50 【実習】ネットワーク管理コマンドの復習
初級コースで学習した内容を元に、ネットワークトラブルの解決を実習します。
10:50〜11:00

休憩

11:00〜10:30

【講義】ネットワーク管理のためのスクリプト入門

複数のネットワークコマンドを組み合わせてバッチ処理するための仕組み(bat、PowerShellとsh)について解説します。
11:30〜12:00

【実習】batとsh

Dos(Windowsのコマンドラインプロンプト)の.datファイルとUnix/Linux系OS上のスクリプトを使ったネットワークコマンドのバッチ化を実習します。

【実習内容】

  • Windows(Dos窓)上での.datファイルの作成と実行
  • Unix/Linux、および疑似環境上での、shスクリプトの作成と実行
  • PowerShellスクリプトの作成と実行
12:00〜13:00

昼休憩

13:00〜14:00

【講義】WiresharkとTCP/IPパケット

ネットワークキャプチャのツールとして代表的なWiresharkの仕組みと使い方の基本と、TCP/IPパケット、Ethernetフレームについて復習します。

14:00〜14:10 休憩
14:10〜15:10 【実演】パケットの解析とトラブルシューティング(基礎)
これまでに学習したarpパケットやTCP/IPパケットが、どのタイミングで、どのような内容で転送されているか、およびトラブル発生時の特徴的なデータの流れを、キャプチャして解析します。
15:10〜15:20

休憩

15:20〜16:30 【実演】パケットの解析とトラブルシューティング(応用)
社外から社内ネットワークへのアクセスのような異なるネットワーク間での通信や、異なるOS間で通信のような「ちがう環境同士の接続」によるトラブルや、DDoS攻撃やウイルス感染による大量のパケット送受信によるトラブルなどを、キャプチャされたデータをもとに解析します。
16:30〜17:00

総まとめ/Q&A/アンケート記入

※進捗状況により時間が前後する場合がございます。
問い合わせ先 北海道NUA事務局
TEL:011-231-3769  FAX:011-231-5254

このページの先頭へ