NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成28年度

「なぜなぜ分析」で考えるクセをつける!
若手〜中堅社員、主任・係長職におススメ!

不良や不具合など問題の真因を追求する「なぜなぜ分析」。ひとつの現象に対して「なぜ?」「なぜ?」を繰り返しながら、現象を発生させている真因を、規則的に順序良く漏れなく出し切るための方法です。問題解決やアイデアの創出を促すためには、起こった事象や自分の主張に対して常に「なぜ」と考えるクセをつけることが重要です。
本研修は、難しい専門用語は一切使用せず、ビジネス現場で最も使用頻度が高く、重要度の高い 思考方法について、演習問題を取り入れながら進める研修です。
特に、「なぜグセをつける」、「5W1H・6W3Hで考える」という当たり前の思考方法が ビジネス現場においては最も大切であることをしっかり再認識することに重点を置いています。
日時 2017年3月17日(金)10:00〜17:00
会場 東京ドームホテル札幌(札幌市中央区大通西8丁目)
定員 25名
※申込多数の場合は一社からの参加人数を調整させて頂く場合がございます。
参加費 無料(昼食付き) ※準会員価格:30,000円
本研修は参加無料ですが、<定員制>となっておりますので できる限りキャンセルの無いようご配慮をお願いいたします。
申込締切 3月10日(金)
定員に達したため申込受付を終了いたしましたが、キャンセル待ちを受け付けておりますのでご希望の方は事務局までメール願います。
概要
講師: 株式会社インソース  池内 直人 氏
時間 内容 手法
午前
  1. 「なぜ」と考えるクセをつける
    (1)最低3つは「なぜ?」(根拠)を示す
    【ワーク】自社のヒット商品について成功した原因を考えてみましょう
    (2)「なぜ?」を深堀りする
    【ケーススタディ】書庫が乱雑になる原因を解明し、対策を考える
講義
ワーク
  1. 「5W1H」・「6W3H」で考える
    【ケーススタディ】「5W1H・6W3H」で上司に報告する
講義
ワーク
  1. 「QCDRS」で考える

    (*昼食は、お弁当をご用意いたします。)
講義
ワーク
午後
  1. 流れ図、時系列で考える
    (1)流れ図で考える
    【ワーク】流れ図作成演習
    (2)時系列で考える
講義
ワーク
  1. 2軸(縦軸・横軸、X軸・Y軸)で考える
講義
  1. マトリックス方で考える
    【ワーク①】マトリックス法で使って、自身の抱える業務に優先順位をつけてみましょう
    【ワーク②】ワーク①で洗い出した仕事を、表に当てはめましょう
講義
ワーク
  1. 「層別」で考える
    (1)ロジック・ツリー
    (2)特性要因図
    【ワーク】特性要因図作成演習
講義
ワーク
  1. 総合演習
ワーク
問い合わせ先 北海道NUA事務局  担当:石川、渡辺、角田(かくた)
札幌市中央区大通西4-1(NEC北海道支社内)
TEL:011-231-3769  FAX:011-231-5254

このページの先頭へ