NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成27年度

サイバー攻撃に国境は無い!〜攻撃と対策の 「いま」〜

開催日時 2016年2月16日(火) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)
会場 NEC北海道支社 A会議室
札幌市中央区大通西4丁目1番地 新大通ビル
TEL:011-231-3769
※地下鉄大通駅 3番出口直結のエレベーターをご利用ください。
定員 50名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 無料
申込締切 2月9日(火)
概要
講演1 — 14:00〜15:30
テーマ: 日本を取り巻くサイバー攻撃の現状
〜サイバー防護のためのヒント〜
講師: 株式会社ラック 常務理事 ナショナルセキュリティ研究所 所長
工学博士    伊東 寛 氏   
写真

<講演概要>
年金機構情報漏えい事件をはじめ、最近、サイバー関係の事件が新聞の紙面を賑わすことが増えてきています。しかし、これらは氷山の一角であり、実際はもっと多くの企業が攻撃を受けています。すでに侵入されているのにそれに気が付いていない場合も多いのです。
本講演では、日本を取り巻くこのような状況を説明するとともに、サイバー攻撃の実態等を解説し、企業の経営層や担当者、そしてひとりひとりの個人が何に気をつけていかねばならないかについてお話しします。

<講師プロフィール>
1955年京都府生まれ。慶応義塾大学大学院(修士課程)修了後、陸上自衛隊入隊。技術及び情報系の指揮官・幕僚などを歴任。最後の補職は陸自初のサイバー戦部隊であるシステム防護隊の初代隊長。株式会社シマンテック総合研究主席アナリストを経て、2010年株式会社ラック入社。特別研究員サイバー戦争の第一人者として、イベントやセミナーなどでの講演や新聞・雑誌などへの寄稿、テレビやラジオなどでコメントなど多数実施。

講演2 — 15:45〜17:00
テーマ: サイバー攻撃の脅威に対するNECの最先端の取組みと
サイバー攻撃対策のポイント
講師: NEC サイバーセキュリティ戦略本部

<講演概要>
年々サイバー攻撃は巧妙化し、企業や組織における対策強化の重要性は増すばかりです。一方、その運用は複雑化し、単なる機器の導入ではなく、いかにポイントをおさえて運用するかが課題となっています。
そこで、本講演では、最新のサイバー攻撃傾向・事例をもとに、NECの国内外の実運用で培ったノウハウから考えるサイバー攻撃への取組みと、サイバー攻撃対策のポイントをご紹介します。

問い合わせ先 NEC北海道支社ソリューション推進グループ 担当:角田(かくた)
札幌市中央区大通西4-1(NEC北海道支社内)
TEL:011-231-3769  FAX:011-231-5254

このページの先頭へ