NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成27年度

ピリカ フォーラム
「言いにくい」ことを「感じ良く」伝える♪
〜アサーティブコミュニケーション〜

*『ピリカ』とは、アイヌ語で「美しい」「可愛い」「良い」「元気だ」「立派だ」などの意味があります。
明るく元気にいきいきと! キラキラと輝きながら働く、北海道の方々をイメージしています。

日時 2016年1月26日(火) 15:15〜17:45 セミナー※女性社員限定
 17:55〜19:00 情報交換会(軽食&ドリンク付き)
会場 NEC北海道支社 7F会議室
札幌市中央区大通西4丁目1番地 新大通ビル
TEL:011-231-3769
※地下鉄大通駅 3番出口直結のエレベーターをご利用ください。
参加費 2,000円
※情報交換会への参加費用として当日徴収します。
定員 30名
※先着順となりますのでお早めにお申し込みください。
※一社より多数お申込みの場合は人数調整をお願いすることがあります。
申込締切 1月15日(金)
概要
写真1
講師:

森 順子 氏

日常のコミュニケーションにおいて、こんな経験はありませんか?
「上司に遠慮してしまい、自分の意見を素直に伝えられない…」
「攻撃的と思われずに、後輩を注意したい…」
「相手を怒らせずに、反対意見を伝えたい…」

『アサーティブコミュニケーション』とは、相手の立場を理解し、お互いを尊重しあいながら、自分の気持ちや要望を率直に、誠実に、対等に伝えるコミュニケーションであり、風通しの良い職場作りにかかせない要素です。“相手を尊重しながら築きあげるコミュニケーションスキル” を身に付け、人間関係の悩みやストレスを解消し、ビジネスパーソンとしてワンランクアップしませんか?

<プロフィール>
2002年株式会社岩手朝日テレビに入社し、報道制作局のアナウンサー兼記者を務める。2007年株式会社テレビ北海道に入社し、報道制作局のアナウンサー兼記者を務め、アナウンサーの他、市政担当記者として、市長会見・市議会等の取材に携わる。2010年学校法人龍澤学館 常勤講師として、人文系講師として活動する。2013年より株式会社インソースに就任。コミュニケーションやプレゼンテーション研修をはじめ、さまざまな研修・セミナーで登壇し、毎回好評を得ている。

セミナー内容
  1. こういう場合どうする?!
    <自分の思考・行動パターンを振り返る>
    スーパーのレジで待っていたら、突然割り込みをされた時の対応を考える
  2. アサーティブであるということ〜考え方と行動
    <アサーティブの定義を理解する>
    (1)考え方と行動のパターン(非主張的、攻撃的、アサーティブ)
    (2)なぜアサーティブになれないのか
    (3)アサーティブになれない場面を具体的に考える
    (4)感情を整理する
  3. コミュニケーションとは
    <真意を伝える・理解することの難しさを再認識する>
    (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (2)コミュニケーションにおける心構え
  4. アサーティブコミュニケーションにおける話の聴き方
    <聴き方のコツを学ぶ>
    (1)相手の話を受け止める(最後まで話を聴く、背景にまで思いをはせる)
    (2)相手の言葉に反応を示す
  5. アサーティブコミュニケーションにおける伝え方
    <伝え方の手順・コツを学ぶ>
    (1)アサーティブコミュニケーションの手順 〜DESC法
    (2)ステップ@描写する(状況を客観的・具体的に整理する、簡潔に伝える)
    (3)ステップA表現する
    (4)ステップBC提案をする、さらなる提案をする
  6. ケーススタディをグループで考える
    <アサーティブコミュニケーションを実践する>
※参加対象は、女性社員限定となっております。ご了承ください。
※セミナー終了後は、情報交換会をおこないます。(気軽に参加いただける雰囲気です♪)
問い合わせ先 北海道NUA事務局  担当:穐山(あきやま)、南雲(なぐも)、角田(かくた)
札幌市中央区大通西4-1(NEC北海道支社内)
TEL:011-231-3769  FAX:011-231-5254

このページの先頭へ