NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成26年度

マネジメントフォーラム視察研修会報告レポート

日時 平成26年6月5日(木)〜7日(土)
視察先 ◎マネジメントフォーラム2014 in 四国
これからのビジネスのヒントを四国の風土と歴史に学ぶ 〜オンリーワンが時代を切り開く〜
◎その他視察
日本食研ホールディングス株式会社企業視察、松山市内見学、来島海峡

6/5(木)

<日本食研HD様 企業視察>
今治市にある日本食研ホールディングス株式会社様を訪れ、「食文化による新たな価値の創造を学ぶ」というテーマのもと、焼肉のたれCMでおなじみの宮殿工場を見学していただきました。

  • 業務用たれの製造では国内シェア約40%、から揚げ粉のシェアでも圧倒的な強さを保持している。
  • 「中世ヨーロッパでは、珍しい食材は宮殿に集まり、料理人が腕を振るう晩餐会で食文化が向上した」と言われていることから、ウィーンの「ベルベデーレ宮殿」をモチーフに宮殿工場を建設し、「世界の食文化の開拓者でありたい」という想いのもと、日々新たな味の開拓を続けている。
  • 食文化に関する歴史博物館や、ハム研究工場なども併設されている。
  • 近年は健康食品やミネラルウォーターなどの販売を行うなど、多角化も進んでいる。
  • 社員の福利厚生も充実しており、特徴的であるのが社内結婚の全社的な奨励。社内には「社内結婚神社」が設けられており、社内結婚した夫婦には毎月の手当ても給付される。(これまでに約570組が結婚。)
  • 敷地面積:約76,306m²、建築面積:9,047m²、建築延面積:27,280m²

<道後温泉>
日本三古湯のひとつといわれ、国の重要文化財に指定されている。
夏目漱石の小説「坊っちゃん」にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地 となっている。

6/6(金)

<松山城・坂の上の雲ミュージアム 見学>
マネジメントフォーラムまでの空き時間を利用して、フォーラム会場近くにある、松山城・坂の上の雲ミュージアムを見学していただきました。松山城では、ロープウェイを降りると登り坂が続き、みなさん少し大変そうでした。
敵が攻め難いように、歩き難く、不便に作られていることを、改めて実感しました。坂の上の雲ミュージアムは、ファンにはたまらないスポットであり、熱心に見学されている方も多く、楽しんでいただけたようです。

(松山城)
松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)山頂に本丸がある広大な平山城。大天守は、全国に12箇所しか残っていない江戸時代に建造された城郭の一つで、国の重要文化財に指定された大変貴重な歴史的文化遺産。

(坂の上の雲ミュージアム)
 司馬遼太郎原作「坂の上の雲」がテーマのミュージアム。建物の設計は、安藤忠雄氏。
すぐ近くには、国の指定重要文化財、第15代松山藩主にあたる久松定謨伯爵の別邸として建てられ、皇族方のお立ち寄りの館であった「萬翠荘」もある。

<マネジメントフォーラム2014 in 四国>
写真
■講演I
テーマ: 未来を開く日本人の心とことば
講師: 東京大学大学院総合文化研究科 
教授 ロバート キャンベル 氏
 
■講演II
テーマ: 青色発光ダイオード開発における、オンリーワンの技術
講師: カリフォルニア大学 
教授 中村 修二 氏
■分科会
セッションI: 社員が主役、会社はステージ
〜超家族カンパニーが実現する日本一の顧客感動満足とは〜
講師: 株式会社ファースト・コラボレーション
代表取締役社長 武樋 泰臣 氏
セッションII: これからの社会と企業成長を支えるオンリーワン技術のすすめ
講師: 東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻
教授 浅見 徹 氏

ITアナリスト 明治大学リバティアカデミー講師 WinDo‘S
代表 今津 美樹 氏

NEC ソリューションプラットフォーム統括本部
ニューITエバンジェリスト 林 雄代
6/7(土)

<来島海峡 急流体験>
鳴海海峡、関門海峡と並ぶ日本三大急潮のひとつ。九州方面と関西方面を結ぶ瀬戸内海航路のちょうど真ん中に位置し、交通の要衝となっている。当日は悪天候のため、残念ながら中断という形になってしまいましたが、小さな渦潮や湧き潮を必死に探したり、来島海峡大橋をくぐりながら見学したり、ガイドさんの歌声(運航中断のお詫びとして瀬戸の花嫁を歌ってくださいました)を楽しみながらのひとときとなりました。

<民芸伊予かすり会館 見学>
日本三大絣(かすり)の一つである「伊予かすり」を紹介している。
館内では、現在も実際に機(はた)を織る様子が見学でき、愛媛の伝統に触れることができる。

<事務局より>

暑さを覚悟していましたが、3日間とも過ごしやすい天候で救われました。四国の風土や文化を通じて、異業種交流を深めて頂けたのではないでしょうか。ご参加頂きました皆さまありがとうございました!
来年は名古屋での開催となります。より一層、皆さまにご満足いただける研修会を企画させていただきますので、次回もたくさんのご参加をお待ちしております!(角田)


(鯛めし、美味しかった〜♪)

このページの先頭へ