北海道NUAトップ > 会合 平成22年度 > 平成22年度 総会
会合 平成22年度

平成22年度 総会
日時 平成22年4月23日(金) 13:30〜18:45
会場 ホテルオークラ札幌 2F フォンテーヌ
札幌市中央区南1条西5丁目
TEL:011-221-2333
申込締切 4月20日(火)
概要
【1.総会---13:30〜14:15】
  1. 開会
  2. 委員長挨拶
  3. NEC挨拶
  4. 議事
  5. 閉会
<休憩 (15分間)>

【2.特別講演---14:30〜15:50】
写真:宮脇 淳 氏
テーマ 「知の時代、2010年北海道経済と新成長の核」
講師 北海道大学公共政策大学院・教授 宮脇 淳 氏
<プロフィール>
日本大学法学部卒業後、参議院事務局、日本総合研究所調査部主任研究員等を経て1996年に北海道大学法学部・大学院法学研究科教授に就任。1998年、日本総合研究所主席研究員に転じ、1998年10月に再び北海道大学大学院法学研究科教授に復帰。
2007年4月1日に内閣府参与及び地方分権改革推進委員会事務局長に就任。

<概要>
日本経済はグローバル化、新興国の経済成長、そして少子高齢化など構造的な環境変化の局面に入り、従来の大量生産・大量消費を中心とする産業国家から、多様な創造性を発揮する知を基本とした情報国家に脱皮する必要が生じている。その脱皮の中で、これまでの弱点が強みに、逆に強みが弱点に変化する。北海道の広さ、寒冷、東京からの距離など、従来は弱点と思われてきたことがアジア新興国等を対象に、新たな成長の核となる時代に入った。この時代において、克服すべきは地域や組織の経営においてこれまでの成功体験等で無意識につくり上げた、「思い込み」である。
本講演では、これまでのエコノミスト、行政学者、内閣府本府参与としての経験を踏まえ、2010年以降の世界経済、日本経済の進路を見極めるシグナル、そして北海道経済の戦略を実践的に紹介すると同時に、そこでの戦略思考のあり方を日本企業、韓国経済との比較等の実例を基礎にひも解く。
<休憩 (15分間)>

【3.NEC講演---16:05〜17:05】
テーマ 「お客様の企業経営を支えるNECのイノベーション」
講師 NEC 執行役員 安部 保志
NECグループビジョンに掲げる「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」の実現にむけて、NECの事業戦略についてお話させていただくと共に、お客さまの企業経営を支えるIT・ネットワークソリューションについてご紹介させて頂きます。
<休憩 (10分間)>

【4.懇談会---17:15〜18:45】
お問い合わせ先 北海道NUA事務局  担当:角田(カクタ)
札幌市中央区大通西4丁目 新大通ビル8F
TEL:011-231-0161  FAX:011-231-0121
pagetop