北海道NUAトップ > 会合 平成21年度 > NECソリューションフォーラム in 函館2009
会合 平成21年度

NECソリューションフォーラム in 函館2009
“ICT (Information and Communication Technology) の未来” という開催テーマのもと、
公立はこだて未来大学の川嶋教授をお招きし、
デジタルアーカイブを活用した地域振興に資する先進的な取り組み事例と、
その活動成果などについてご講演いただきます。
また、NECからは ”デジタルサイネージソリューション“ を通じた、
次世代型のインフォメーションシステムや、
ネットワーク通信による情報・知識の新しいコミュニケーションの可能性について、
講演および展示を交え、ご紹介させていただきます。

ご多用の折りとは存じますが、皆さまのご来場をお待ちしております!
日時 2009年11月13日(金) 13:00〜17:30
会場 株式会社 エスイーシー システムビル 4F プレゼンテーションルーム
プログラム
【セッションI---14:00〜15:30】
タイトル 『文化・歴史を伝えるための情報技術 〜デジタルアーカイブ〜 』
講師 公立はこだて未来大学
情報アーキテクチャ学科
教授  川嶋 稔夫 氏
進化しつつあるインターネットは、通信手段を超え今や世界の本棚であり、ビデオショップであり、美術館であるといってよいでしょう。大量の文化的な財産を情報ネットワークを通じて鑑賞し、調べることができるようになった現在、市民に求められているのはそれを「見る眼」です。函館圏デジタルアーカイブ(デジタル画像を中心とする資料館)プロジェクトでは、道南の貴重な歴史資料・美術品をデジタル画像化して公開すると共に、これらを「見る眼」を支援するための情報技術を開発してきました。 ここでは、本プロジェクトでデジタルアーカイブに登録した貴重な資料を、さまざまなデジタルの眼を通じて観賞すると共に、それを支える情報技術の役割についてご紹介いたします。
【セッションII---16:00〜17:00】
タイトル 『デジタルサイネージの市場動向と
NECが提案するデジタルサイネージソリューションのご紹介』
講師 NEC ディスプレイドキュメント事業部
デジタルサイネージの市場動向やトレンドについてご紹介いたします。 また、NECが提案するデジタルサイネージソリューションについて、顔認識技術を利用したサイネージや各業種に特化した利用シーンや導入事例を交えてご説明いたします。
展示 ソリューション展示 / 13:00〜17:30
主催 NEC函館支店
協賛 北海道NEC C&Cシステムユーザー会
NEC販売店会北海道地域支部会
株式会社 エスイーシー
申込締切 11月6日(金)
お問い合わせ先 セミナー事務局 : NEC函館支店 西島
TEL:0138-52-1177 FAX:0138-52-1196
pagetop