会合 平成20年度

新春講演会・交流会
開催日時 平成21年1月20日(火)
場所 札幌後楽園ホテル B2Fピアリッジホール

【講演会---15:30〜17:00】
写真:織作 峰子 氏
テーマ 「ファインダーから見た世界」
講師 写真家・大阪芸術大学教授(元ミス・ユニバース日本代表)
織作 峰子(おりさく みねこ)氏
公式サイト http://www.orisaku.com/
「ミス・ユニバース日本代表」という華やかな世界から一転し、職人の世界に入られた織作さん。写真家になるまでの道のりや、写真に魅せられた理由、写真が持つ魅力などについてお話し頂きました。また、世界各国をまわられカメラに収められた作品を題材に、撮影にあたってのエピソードや想いなど、写真家としての感性豊かな興味深いご講演でした。最後の質問タイムでは、撮影に関するワンポイントアドバイスなどもあり、皆様おおいに関心を示されていらっしゃいました。

〜アンケートより〜
  • トークの進行が、”瞬間の切り取り”と”その詳細”という構成で話していて、とても個性的だった。
  • 写真を通じた感受性豊かな説明が非常に良かった。
  • 女性らしく柔らかな講演で良かった。
  • 外国の話や写真の撮り方など、面白く勉強になった。
  • 抽象的な話ではなく、実例も挙げていて解かりやすかった。
  • 話題が豊富で、聞いていて飽きなかった。1時間半の時間が充実していた。
  • 色々な分野でご活躍されている方のお話を伺うのは、仕事にも通じるところがあり、とてもためになった。
  • 写真の撮り方、撮られ方のお話は、”少し傾ける”など視点を変えるという点で、ビジネスに通じるものを感じた。
  • 写真の撮り方や構図など、参考になった。
  • 写真に関しての視点がわかり易かった。
  • 写真の世界の楽しさを感じた。
  • 本当に良い写真ばかりだった。(特にトルコ、ハンガリーの写真)
  • 逆光撮りの話が面白かった。
  • 写真を始めてみようかな、という気持ちになった。
  • 質問の時間があって良かった。
  • やはり美人だった。
講演会担当:豊田委員 冒頭挨拶
講演会担当:豊田委員 冒頭挨拶
織作峰子先生
織作峰子先生
講演風景
【懇親会---17:10〜18:30】
織作先生にもご参加頂き、和気藹々とした雰囲気の中で会員様同士の親睦を深めて頂きました。

挨拶 :岡田委員長
乾杯 :NEC 山科
中締め :堀副委員長

写真:岡田委員長 挨拶
挨拶:岡田委員長
写真:懇親会風景 写真:懇親会風景
<事務局より>
今年の新春講演会も、昨年に引き続き、美しい女性の講師をお迎えし、平成21年新春の行事を華やかに彩って頂きました。

”写真”というと、動画や映像と比較して”静止”しているものという感覚でずっと捉えていました。しかし、織作先生のお話を伺っているうちに、その作品から瞬時に放たれる”強烈な想い”というものは、動画よりも大きなパワーを持っているように感じました。
作品を目にしたその一瞬に、楽しさ、嬉しさ、元気、勇気、喜び…人の心に瞬間の感動を与えられる写真というものは、技術だけで撮れるものではなく、命や魂を感じさせる”力強い輝き”が込められていると思いました。
織作先生の美しさにも、女性としての綺麗さだけではなく、人としての力強い魅力があり、とても奥深い「美しさ」を感じました。

個人的に興味深かったのは、”女性は、蛍光灯より白熱灯! ”
詳細が気になる方は、事務局の角田まで〜。
pagetop