北海道NUAトップ > 会合 平成19年度 > 函館地域講演会
会合 平成19年度

函館地域講演会
〜企業の社会的責任(CSR)を担う情報セキュリティ&ビジネスブログ・SNSの現状〜

日時 平成19年7月18日(水)
<講演1> 15:00〜16:00
「企業の社会的責任(CSR)を担う情報セキュリティ
〜Winny暴露ウィルス対策の取り組み〜」
<講演2> 16:15〜17:15
「Web2.0の本当の意味
〜企業を変える社内ブログ・SNS〜」
会場 株式会社 エスイーシー プレゼンテーションルーム
函館市末広町18番17号 SECシステムビル4F
*駐車スペースはございません。公共交通機関をご利用になるか、近隣駐車場をご利用下さいます様お願い致します。
参加費 無料
申込締切 7月12日(木)
概要
【講演1---15:00〜16:00】
テーマ 「企業の社会的責任(CSR)を担う情報セキュリティ
〜Winny暴露ウィルス対策の取り組み」
講師 NEC CSR推進本部 企業行動推進部
顧客情報セキュリティ室長  久野 秀策
昨今、企業の社会的責任(CSR)が重視される中、新たに「Winny」と呼ばれるソフトの情報流出が続出して世間を騒がし社会的問題となっています。ITが社会インフラの一つになっている現在、漏えい・流出事故の被害は、社会的な信用失墜、取引先の信頼関係の損失など、企業に計り知れない影響を与えます。
では、どのような対策を行えばよいのでしょうか?本公演ではWinnyの実態や流出に対する防衛策を紹介します。そしてNECの情報漏えい対策、管理施策など、個人情報を管理する人間の取り組みとともに、実際に情報漏えい事故が起こった場合の対策などNECの実例を交えて紹介します。

【講演2---16:15〜17:15】
テーマ 「Web2.0の本当の意味」
−企業を変える社内ブログ・SNS−
講師 enNetforum(エンネットフォーラム)事務局
遠山 真 氏 (株式会社 IRIユビテックユ ビキタス研究所)
「Web2.0ってネットビジネスのこと?」「わが社には関係ないね」と思っていませんか? Web2.0は、インターネットとWebがもたらした「人や社会の劇的な変化」であり、その影響は経済や常識、社会インフラにまで及んでいます。
そのエッセンスを企業内にも取り込めれば、業務や環境を大きく改善することが期待できます。本講演では、企業コンソーシアムenNetforumでの研究成果を基に、Web2.0やその構成要素である社内ブログ・SNSについて、イラストを活用して分かりやすく説明します。
◆Web2.0の本当の意味
◆企業の課題とWeb2.0のエッセンスの適用
◆社内ブログ・SNSによるワークスタイルの変革 など
お問い合わせ先 NEC 函館支店 西島
函館市五稜郭町1−14 住友生命五稜郭ビル5
TEL:0138-52-1177 FAX:0138-52-1196
pagetop