北海道NUAトップ > 会合 平成18年度 > 平成18年度総会
会合 平成18年度

平成18年度総会
開催日時 平成18年 4月 25日(火)  13:30〜19:00
会場 札幌グランドホテル
札幌市中央区北1条西4丁目 TEL:011-261-3311
<総会・講演会> 2F グランドホール/西
<懇親会> 2F グランドホール/東 ※参加費無料
申込締切 4月18日(火)
概要
【総会---13:30〜14:30】 2F グランドホール西
1. 開会
2. 委員長挨拶
3. NEC挨拶
4. 議事
  (1) 平成18年度 新入会員紹介
  (2) 平成18年度 活動報告
  (3) 平成18年度 会計報告
  (4) 平成18年度 役員選出
  (5) 平成18年度 役員紹介
  (6) 平成18年度 委員長挨拶
  (7) 平成18年度 活動計画案について
  (8) 平成18年度 予算案について
  (9) 功労者表彰
  (10) 全NUA平成18年度活動報告及び平成18年度活動計画について
  閉会

< 休憩 (15分間) >

【NEC講演---14:45〜15:45】 2F グランドホール西
テーマ
『ユビキタス時代の企業経営を支えるNECのソリューション』
講師
日本電気株式会社
代表取締役 執行役員副社長   川村 敏郎 氏
斎藤 精一郎 氏 【講演概要】
ユビキタス社会の進展は、金流・商流・物流・情報のリアルタイム化を加速させ、市場環境や企業環境の急激な変化をもたらします。NECは、このようなユビキタス社会における経営視点として「リアルタイムマネジメント」など3つの経営視点を提唱しています。本講演ではこれら3つのマネジメントを具現化するNECのソリューション戦略をご紹介します。

< 休憩 (15分間) >

【特別講演 ---16:00〜17:30】 2F グランドホール西
テーマ
『〜斎藤精一郎の経済・景気診断〜日本経済の先行きを診断する!』
講師
千葉商科大学大学院教授   斎藤 精一郎 氏
斎藤 精一郎 氏 <略歴>
‘63年東京大学経済学部卒業後、日本銀行勤務を経て、’72年立教大学社会学部助教授、’75年4月〜’05年3月まで立教大学社会学部教、’05年4月から千葉商科大学大学院教授。’91年よりNTTデータ経営研究所取締役所長を兼任、現在に至る。
専門の社会経営学・経済政策・金融論を中心にエコノミスト・社会経済学者として幅広い論評活動を展開、テレビなどのコメンテーターも務める。

<主な著書>
『新「成長経済」の構想』(日本経済新聞社)
『ゼミナール現代金融入門』(日本経済新聞社)
『10年デフレ』(日本経済新聞社)
『マネー・ウォーズ』(PHP研究所)
『経済学は現代を救えるか』(文型春秋)
『日本経済 完全復活の真実』(ダイヤモンド社)
『アングラ・マネー』(講談社)
『痛快!新しい金融学』(集英社インターナショナル)  他多数
<訳書>
ガルブレイス 『不確実性の時代』(講談社文庫)  など

< 休憩 (10分間) >

【懇親会---17:40〜19:00】 2F グランドホール東
  1. 開会
  2. 挨拶・乾杯
    <ご歓談>
  3. 中締め
問い合わせ先 北海道NUA事務局  担当:菊地
札幌市中央区大通西4丁目 新大通ビル8F
TEL:011-231-0161  FAX:011-231-0121
pagetop