大学NUAトップ > 第33回研究会
会合 平成21年度

第33回研究会
開催日時
平成21年 10月29日(木)  13:30〜18:45
  10月30日(金) 9:30〜12:45
(施設見学 11:45〜12:45)
会場
1日目(10/29)  仙台エクセルホテル東急
2日目(10/30)  東北学院大学 泉キャンパス 様
参加費用 会員:無料
非会員:2,000円/1人
*当日までにお振り込みをお願い致します。払い戻しは致し兼ねますので予めご了承願います。
(お振込先 NUA学術情報システム研究会 三井住友銀行 浜松町支店 普通預金 No 491212)
申込締切 10月23日(金)
注意事項
  1. 宿泊等の手配は各位でお願い致します。
  2. 両日とも昼食はご用意しておりません。各位でお願い致します。
  3. 車でのご来校はご遠慮ください。
  4. 個人情報の取り扱いについて(参加申込書をご参照願います。)
    情報化に伴い個人情報の利用が益々拡大されている中、会員各位からご提供頂いた情報に含まれる個人情報を法律に則り適正に取り扱い、保護していくために、「NUA事務局個人情報保護ポリシー」を制定致しました。

    NECではお客様に関わる個人情報を正しく扱うことは重要な責務であると考え、平成12年7月に「NEC個人情報保護ポリシー」を制定しており、NUA事務局としても事務局業務の履行にあたり、本ポリシーを遵守して業務に邁進する所存です。

    つきましては、添付の「NUA事務局個人情報保護ポリシー」および、「NEC個人情報保護ポリシー」をご覧頂き、ご同意頂いた上でお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

  5. 新型インフルエンザ等の状況により、開催を中止する可能性があります。
    中止の際にはお申込み頂きました方に直接ご連絡させて頂くと共に、大学NUAホームページでも掲示いたします。
    また、非会員の方には、事前にお振り込み頂いた参加費は払い戻し致します。
    払い戻し方法につきましては個別にご連絡させて頂きます。予めご了承頂きますよう、よろしくお願いいたします。
  6. 講演内容は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。
概要
■第一日目  10月29日(木)
受付 13:00〜
講演・懇親会  13:30〜18:45
【基調講演---13:30〜14:30】
テーマ 「人工衛星データから見た東北の自然」
講師 東北学院大学
教養学部大学院人間情報学研究科・教授
情報処理センター長
松澤 茂 氏
最近、新聞やテレビなどで地球の温暖化という言葉をしばしば耳にするようになってきました。
そして、1997年12月11日に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)で京都議定書が決議されました。
このように国際レベルで温暖化防止のことを議論していても、我々の日常生活の中で「温暖化」をなかなか肌で感じることができませんでしたが、ここ数年、「何か気候がおかしいね・・・温暖化の影響かな」という言葉を身近なところでも聞くようになってきました。地球を取り巻く環境に関しての研究は、いろいろな手法で行われていますが、その一つとして、人工衛星が収集したデータをもとにした研究も行われています。
衛星データをもとにさまざまな自然現象を解析するには、数多くのデータが必要になります(衛星データは非常に大きな)。さらに、自然現象を解析するための独自のアルゴリズムの開発と、このアルゴリズムを実行するためのソフトウェア開発も必要になります。
このようなことから、衛星データから自然現象を解析するには大規模で高性能のコンピュータ環境が必要となります。
今回は米国の海洋大気局が運用管理している気象衛星ノアが収集したデータをもとにして、東北地方の自然現象の解析結果と解析手法などについて紹介します。
【全体講演---14:50〜15:50】
テーマ 「30年後の社会創造を目指す次世代情報通信技術の研究開発」
講師 日本電気株式会社 
C&Cイノベーション研究所
研究所長
山田 敬嗣 氏
今後の激動社会の中での継続的成長のため、現技術基盤を発展させて社会成長に貢献すると共に、将来課題を起点にして新たな技術領域や新たな産業領域を探索する活動が求められています。本講演では、NECが取り組む次世代の情報通信技術の研究開発について、研究戦略および技術開発の方向性、オープンイノベーションとしての研究方法論についてご紹介します。
【ワークショップA---16:00〜17:00】
A−1
テーマ 「Suica機能付きICカード学生証の導入について 〜明治大学の事例〜」
講師 明治大学
教務事務部教務事務室
中西 正平 氏
  1. 導入の経緯について
  2. Suica付学生証の概要と特徴
  3. キャンパス内のでの利用シーン
  4. 今後の課題
主にこの4点について発表したいと思います。

A−2
テーマ 「学生支援ポートフォリオシステムの構築と
 学生自身による達成度評価の事例紹介」
講師 工学院大学
工学部機械システム工学科
准教授
大石 久己 氏
教育環境の向上を図るために導入した学園ポータルシステムと、その運用に際して構築した学生支援ポートフォリオシステムを紹介する。インターネット上のシステムの利点を生かして、Excelファイルを用いた成績の達成状況の自己管理と、教員との電子データの共有化を図ることを進めている。その実施例を紹介する。
【懇親会---17:15〜18:45】
■第二日目  10月30日(金)
受付(4階会場前)  9:00〜
講演・施設見学  9:30〜12:45
【ワークショップB---9:30〜10:30】
B−1
テーマ 「企業における情報セキュリティ対策の取組み」
講師 日本電気 市場開発推進本部
シニアマネージャー
原田 典明 氏
民間企業におけるセキュリティに対する考え方や、NEC内部で実際に行われているセキュリティマネジメントに関してご紹介させて頂きます。また、今後のシステムモデルであるXaaSに関するセキュリティ課題についても概説させていただき、大学様での今後のセキュリティに対する取組みのご参考にしていただければと思います。

B-2
テーマ 「明治学院大学のブランディング活動
― 150周年に向けたコミュニケーション戦略」
講師 明治学院大学
広報室広報課
一瀬 暁之 氏
2005年から始まった明治学院大学のブランディングプロジェクトについて事例紹介を行います。大学のヴィジュアルアイデンティティーの確立から、イメージ展開、そして、現在2013年に向けて行っている150周年への活動を、社会への戦略的コミュニケーションという視点からお話します。
【ワークショップC---10:45〜11:45】
C−1
テーマ 「東北学院大学泉情報処理センターシステムの紹介
=使いやすい教育環境への取り組みについて=」
講師 東北学院大学
泉情報処理センター
係長
桜井 宏行 氏
2009年4月稼動のシステムについて、ご紹介いたします。
システムは、初学者に扱いやすく、そして多様な授業、多人数教育に対応するものとなっています。また、利用面では本センターの他、同じ組織内のキャンパスが異なる2つのセンターを利用する際にも可能な限り同一の利用者環境を保障するものとなっています。

C-2
テーマ 「地球温暖化に対する大学の対応」
講師 財団法人 省エネルギーセンター
省エネ人材育成G
宮本 康弘 氏
省エネの認識向上につながる地球温暖化の現状と国際的な動向および国内の状況を紹介します。つぎに、大学における省エネについて説明をします。また、地球温暖化の原因であるCO2削減のための活動が種々進められていますので、それらを俯瞰的に紹介します。
【施設見学---11:45〜12:45】
東北学院大学様
情報処理センター、図書館、礼拝堂など校内施設を約1時間程度の予定で、見学させて頂きます。
お問い合わせ先 NUA学術情報システム研究会事務局
TEL:03-3798-6293
pagetop