大学NUAトップ > 平成19年度 第17回総会・第28回研究会
会合 平成19年度

平成19年度 第17回総会・第28回研究会
開催日時 平成19年5月24日(木) 13:30〜19:30
平成19年5月25日(金)   9:30〜12:00
(希望者のみ施設見学 11:20〜12:00予定)
会場 芝浦工業大学殿(豊洲キャンパス)
参加費用 会員:無料
非会員:2,000円/1人
*当日までにお振り込みをお願い致します。払い戻しは致しませんので 予めご了承願います。
申込締切 5月16日(水)
注意事項
  1. 宿泊等の手配は各自でお願い致します。両日とも昼食はありません。車でのご来場は御遠慮下さい。
  2. 個人情報の取り扱いについて(申込書参照)
    情報化に伴い個人情報の利用がますます拡大している中、会員各位からご提供頂いた情報に含まれる個人情報を法律に則り適正に取り扱い、保護していくために、「NUA事務局個人情報保護ポリシー」を制定致しました。

    NECではお客様に関わる個人情報を正しく扱うことは重要な責務であると考え、平成12年7月に「NEC個人情報保護ポリシー」を制定しており、NUA事務局としましても事務局業務の履行にあたり、本ポリシーを遵守して業務に邁進する所存です。

    つきましては、「NUA事務局個人情報保護ポリシー」および「NEC個人情報保護ポリシー」をご覧頂き、ご同意頂いた上でお申し込み頂きますようお願い申しあげます。
概要
■第一日目  5月24日(木)
【開会---13:30〜13:40】
  • 委員長挨拶
  • NEC挨拶
【総会---13:40〜14:10】
  • 事前確認の結果ご報告
  • 平成19年度委員長・副委員長・会計委員ご紹介
  • 平成18年度会計報告
  • 平成19年度予算案
【基調講演---14:10〜15:10】
テーマ
『芝浦工業大学のe-learningへの取り組み』 
講師
芝浦工業大学 学術情報センター長
システム工学部 電子情報システム学科 教授
相場 亮 氏
芝浦工業大学においては昨2006年度より大学全体としてe-learningへの取り組みを本格的に開始した。本講演ではこのような大学としての取り組みの、経緯や体制、設備や運用、そしてe-learningにおける懸案事項のひとつである知財、特に著作権について述べる。
【研究講演---15:20〜16:20】
テーマ
『学生の持つ情報環境と技能・意識の変化−麗澤大学の事例から−』 
講師
麗澤大学 国際経済学部/情報システムセンター
教授  牧野 晋 氏
情報化社会の進展、高等学校での教科"情報"の必修化など、大学に入学してくる学生を取りまく環境も変化しています。本報告では、新入生対象のアンケート調査を元に、入学時に学生が持つ情報環境や技能に関する自己評価、情報技術に関する意識の変化等を整理しました。これらを通して大学における情報基礎教育について考えます。
【ワークショップ(1日目)---16:30〜17:30】
16:30〜17:30  A-1 Vista導入事例(大東文化大学殿)   A-2 内部統制
A-1 テーマ
『情報実習教室システムにおけるWindowsVista運用事例』(仮題)
講師 大東文化大学
学園総合情報センター事務室様

学生が授業利用、オープン利用に使用しているWindows端末のプラットフォームとして、WindowsVistaEnterpriseを採用。(台数規模1106台、運用開始2007年4月〜)Vista採用の背景及び運用状況についてご紹介いただきます。

A-2 テーマ
『大学における内部統制を考える』 
講師
日本電気株式会社
第二国内SI推進本部 主任
石渡 通弘 氏

「内部統制」「USR(University Social Responsibility:大学の社会的責任)」という言葉がトピックとなっています。
本ワークショップでは、大学における内部統制を多くの皆様にお考え頂く機会と位置づけ、ご検討にあたっての素材や考える糸口をご提供したいと思います。また本テーマの性質から情報システムにとらわれずに多方面からアプローチできるようお話をさせていただきます。

【懇親会---18:00〜19:30】
■第二日目  5月25日(金)
【特別講演---9:30〜10:20】
テーマ
『大学授業の改善について―いくつかの実践事例から―』 
講師
東京工業大学
教授 赤堀 侃司 氏
大学全入時代に入って、多様な背景をもつ学生が入学してきて、これまでの授業スタイルが通用しなくなった。我が国の大学は、エリート型から、マス型、ユニバーサル型へと移行しつつあり、それに応じた大学の教育方法の在り方が求められている。その在り方は、リメディアル教育とは、別のアプローチである。
【ワークショップ(2日目)---10:30〜11:20】
10:30〜11:20  B-1 シンクライアント導入事例(鶴見大学殿)   B−2 ポータル(Webメール)紹介
B-1 テーマ
『鶴見大学図書館のシンクライアントシステム』
講師
鶴見大学
図書館 参事補  鈴木 誠 氏

本図書館では、図書館システムのリニューアルにあたり、利用目的や管理面を考慮し、利用者用は「Ardence」を使用したネットブートタイプ、事務用は「Citrix Presentation Server」を使用した画面転送タイプという2方式のシンクライアントシステムを導入しました。今回はその導入経緯と運用の現状を紹介させていただきます。

B-2 テーマ
『Active Campusポータル運用事例と新機能紹介(Webメール連携)』 
講師
NEC 文教ソリューション事業部
第三営業部 岩切 正信 氏

大学全入時代を迎え、学生サービスを向上するためにポータルをどのように活用していくかは大学様の大きな課題でもあります。シングルサインオンによる情報一元化、学生サービス向上、画面等、実際の大学様の運用例を紹介致します。
また新機能としてActive Campusポータルに対応したWebメールとの連携をご紹介致します。

【ユーザー見学(希望者のみ)---11:20〜12:00】
お問い合わせ先 NUA学術情報システム研究会事務局
TEL:03-3798-6293 FAX:03-3798-6436
pagetop